雨の中を泳ぐ日々

思いつくがままの気分の記録

雑記 新年のご挨拶など

本年もよろしくお願いいたします。

今年もゆるゆるな感じではありますが、更新できるときにはしていきたいと思います。

昨年は考えてみれば話題に事欠かない2019年だったはずですが、さほど更新をしていない気もしていて、昔は一年間に500本以上の記事とか、お前暇だったのだな、、、と思いを馳せるくらいの状況。忙しいことはいいことなのか、どうなのか?という話はそれとして、また自分の中で書きたい部分が出てきたときにいろいろと残していこうと思います。


f:id:unimasa:20200106171940j:image

これは正月に見に行ったラグビー大学選手権・準決勝の「明治対東海」のラインアウトの写真。いい写真だなと思ったので掲載。例年、1月2日はこの準決勝を見に行くのが通例になっていて、一度だけインフルエンザに掛かって行けなかったことを除けば、毎年観戦。ただ今年はさすが無理かなと思いました。ラグビー熱の高まりから、チケット確保が困難に。今回の準決勝も、ぴあの先行優先でなんとか確保。それも最初は指定席が取れなくて、やばいと思ったタイミングで、キャンセル発生。それをうまく確保できました。

試合については、第一試合の「天理対早稲田」は早稲田の完勝。早稲田の事前準備は見事なもので、自チームBKの能力と相手DFのバランスを考えた外の攻撃で3トライを決め、スクラムの対応、相手ペネトレイターへのDF、ラインアウトの対処と、きっちりと決めています。天理は個人技でシステムを上回るだけの状況にならなかった時点で完敗でした。昨年の決勝での明治との再戦も期待されていましたが、残念な結果に。来年度にまた期待です。

第二試合の「明治対東海」は接戦。途中までは明治ペースな雰囲気でしたが、後半のシンビンからの明治陣スクラムの展開がピークだったと思います。明治は一人少ない7人でスクラムを組み、反則を繰り返す。このまま行けば認定トライを受けて、さらに一人退場という展開をなんとかクリアして、はねのけています。その場面だけ見ると確かに厳しかったのですが、明治はやはり上手さはあって、決定的な場面を作らせることが非常に少ない。DFに関してかなりの意識の高さが伺えます。

どちらの試合も楽しめる部分が多くて、このあとの1月11日の決勝「明治対早稲田」、自分は仕事で見に行けませんが非常に楽しみです。録画してじっくり見ようと思います。

 

演劇は当面、行く予定がないです。

1月末に「飛龍伝2020」に行くくらい。仕事がかなり忙しいので、今年は去年ほど(去年もたいして見ていませんが)見ることが難しい。仕方ないところですが。仕事をしなければ、お金も入りませんし(笑)行けるときには楽しもうと思います。

その「飛龍伝2020」、SNSでは話題に上がることもあり、それは主演が欅坂46のキャプテン菅井友香さんという起用について(個人的にはやや否定的ですが)、あわせてこの作品の演出をする岡村俊一さん(藤谷美和子さんのご主人)のTwitterでの発信について。去年、今泉唯衣さんが出演した「熱海殺人事件」のときもそうでしたが、とにかく過剰に発信する。自作のヨイショやら女優さんへの美辞麗句やら。

もちろん宣伝目的という意味合いや、この発信があることでの出演者へのプレッシャーというようないろいろな意味はあるはずです。でも個人的には、少しお喋りすぎるとは思います。つかさんも結構絶賛する人でしたが、岡村さんは弟子を自認しているのかどうかはわかりませんが、正直必要以上にうるさいし、そのことに対する反応にも開き直りの一途。まあ、それも戦略ならそれまでか。プロモーションとしてのSNSは、どうしてほしいのか?という意味ではいろいろな考え方もあるし、嫌ならミュートでもブロックでもいいのですが。

ただあれは本当に必要があることなのかなあ。

まあ宣伝以上に、いい作品を作ってくれれば、オールオッケーです。つかさんが亡くなったあとのただの模倣で終わるのか、どうかも含めて。

そんな中、中屋敷法仁さんが熱海殺人事件を演出してくれるという嬉しいニュース。今の時代につかこうへいさんの戯曲を使う演出家はそう多くない時代、どうなるのか非常に楽しみ。しかもモンテカルロバージョンまで。阿部寛さんが俳優として新境地を開いた傑作です。これはぜひ観たいところです。