雨の中を泳ぐ日々

思いつくがままの気分の記録

舞台「愛と哀しみのシャーロック・ホームズ」の感想

 

少し前になりますが、世田谷パブリックシアター三谷幸喜作・演出の「愛と哀しみのシャーロック・ホームズ」を見てきました。三谷さんは映画もありながら精力的に新作を書いてくれて、非常に嬉しい限りです。

今回は題名の通り、あのシャーロック・ホームズを主人公にした作品。小説にある活躍をする前日譜という設定で、ホームズとワトソンの交流について描かれています。特にワトソンとその妻に関する話が、後半大きなポイントになるのと同時に、兄マイクロフトの仕掛けた偽装の事件から発展した話が、ホームズを苦悩させて、そして自立させていく。若き青年ホームズの変化を促す事件として描かれています。

各俳優さんの演技はどの方も見事で、柿澤勇人さんのホームズは立ち振舞いも見事ながら、頭の良さを感じさせるセリフの切れが良かった。青年ホームズを見事に具現化していたと思います。佐藤二郎さんのワトソンは、最初はキャラクターとしてひたすらコミカルに見せますが、最後のシーンは非常に印象的。この作品の中でのあっと言わせる重要な役割を果たしています。広瀬アリスさんは最初、大丈夫かな?という不安があったのですが、実際の演技は実に堂々としていて、立ち姿の凛々しさがとてもよかった。声の出方はまだまだ練習が必要かもしれませんが、頑張っていたと思います。

個人的にすごいなと思ったのは、八木亜希子さんのミセス・ワトソンです。最終的にはいろいろな表情を見せる役なのですが、八木さんが実にうまい。アナウンサーからここまで変わるとは、、、「江戸は燃えているか?」のときもコミカルさが出ていましたが、そういう部分も含めて演技の幅の広さがうかがえます。経験って大事だなと。

はいだしょうこさんのハドソン夫人もさすがなんです。いうことなくて、もっとこのコミカルさがみたいなあ、、、と思わせる方です。

こういう芸達者さんたちが多数揃っている舞台ですが、前半はあっという間、後半がやや間延びというか、途中ホームズの兄・マイクロフトとシャーロックの対決があって、そこでカードゲームをしますが、あのシーンが難しい。緊張感も持続しますが、同時に間延びにもなりかねない。個人的には少し緊張感がそがれた印象。セリフが多いところでもあるので、難しい印象です。

でも、最後のサプライズも含めて、三谷さんらしいエンタメに仕上げた作品だと思います。この作品、今度は続きが見たいですね、連続物とかにならないかな。