雨の中を泳ぐ日々

思いつくがままの気分の記録

PARCOプロデュース「プレイハウス」の感想


f:id:unimasa:20190904165812j:image

池袋の東京芸術劇場プレイハウスでPARCOプロデュース「プレイハウス」を見てきました。

またもや芝居の感想になってしまいますが(笑)

正直、チケットは取れましたが、行けるかどうか日程的にも微妙だったので、ぎりぎりまで迷ったのですが、、、結論、見に行って大正解。とても楽しい作品でした。根本宗子さんが実に楽しいエンタメを作ってくれました。

主演はギャンパレことGANG PARADE磯村勇斗栗原類猫背椿などなど。非常に個性的なキャストです。正直、ギャンパレさんは、予備知識もあまりなくてどういう感じかなと思っていましたが、舞台上での彼女たちは非常に素晴らしいエンターテイナーでした。演技だって大変だったと思いますが、なんというか、彼女たちらしい世界をうまく見せている。そしてミュージカルなので、歌のシーンが非常に多いのですが、実に迫力ある歌声・ダンス。かっこいいと言う言葉がぴったりのステージでした。メンバーそれぞれの個性が良い意味で舞台上の配役にマッチしていて、そのあたりは根本宗子さんの上手さを感じました。

磯村勇斗さん、かっこいいですね。女性ファンもっと増えるのでは?立ち姿が凛々しいってのと、さらに今回の役柄はホストで、枕営業が下手くそっていう設定ですが、そのヘタレっぷりが何故か妙に説得力があって面白い。風俗嬢であるギャンパレさんのメンバー一人を好きになるわけですが、そのあたりの弱腰っぷりもなんでか、かっこいい人がやると余計に面白い。単にかっこいいだけでなく、あの「今日から俺は!!」の役柄もそうですが、振れ幅広くできる役者さんに思えるので、今後も楽しみです。

そしてMVPの猫背椿さん。ほんとにセリフが多かったですね、愚痴っていましたが(笑)

前説での丁寧な注意から始まり、序盤は何でも屋、そのあとは主人公の心の声をひたすら演じる。最後には心の声が怒りに我慢できず実体化するという演出まで見せて、猫背さんが演じていました。セリフ量の多さもそうですが、根本さんが書く女性らしい葛藤とか割り切りとか、いろいろなものが猫背さんの演技で実にうまく表現されていました。彼女自身の演技の上手さがそこを必要以上に重くも見せないし、サラッと出しつつも、ストーリーの中でうまく進んでいく。tweetしましたが、まさに八面六臂とは彼女の演技のこと。

栗原類さんはああいうちょっと飛んだ役は、いつもながらピッタリハマりますね。全く違和感がない。栗原さん自身も慣れているせいか、そこにピタッといる。クスリやっていますっていうのに違和感がないってのもどうなのか?という気はしますが(褒めている)。

ストーリーとして、決して何か深いとかそういう部分とは全く別に、とにかく歌とダンスが素晴らしい、猫背さんの演技最高って言う部分だけで、十分楽しめる作品でした。自分が普段見ることが多い作品とも全然感じが違うので、非常に新鮮。見に行って良かったです。

さて、次は「GOZEN」か、、、若月さんを堪能しよう。