雨の中を泳ぐ日々

思いつくがままの気分の記録

雑記 10月28日「フェイクニュース」とか

お仕事も一旦一段落した時間帯なので、軽く更新。

いろいろとバタバタしていて、仕事のための事前準備が全く進まず、この辺りはなかなかに時間の確保が難しいのです。

 

ドラマ「フェイクニュース」を見ました。

脚本が野木さん、主演が北川景子さんで、今話題の「ネット炎上」をテーマに進めた話。ツイでも書きましたが、リアルな距離感と、ネットならではのつかみどころのない距離感が、うまく描かれていたと思います。炎上案件に便乗する人の責任感のなさも含めて。でもそれがインターネットという場における、微妙な匿名性が生み出すネット住民のスタンスであることはこれからも変わらないだろうと思う。その炎上案件に対する正義感がどう働くか?、、面白がるのか、それとも反論のための犠牲者を生み出すのか?などなど、今回のドラマにはそういった住民の描き方がバランスよく出ていたと思います。筧美和子さんの役柄のような中途半端な正義感と面白がり方とか、自身も含めて気をつけなきゃいけないんだよなあ、、という自戒も思いつつ。

後半の難民関連の騒動で、光石研の「深呼吸しよう」があっさりと崩されて、パニックになるのは皮肉というか、それが現実世界の一端であるという意味でも、決して完全なハッピーエンドでもなく、でも前向きさも残したエンディングにつなげたという意味でも、良い脚本だったなあと思います。ネットメディアの影響力が少なからず既存メディアに限らず、一般市民の発信によっても作られる今の時代、そこに立ち入る人間のふるまいは時代とともに変質していくでしょうし、その変化を微妙に感じ取れるかも大事でしょうね。

編集長の新井浩文さんが決めた「だせえ」っていうセリフが、ネットを楽しむ人が持っておくといい距離感の一つなんでしょうね。そこがうまく推し引きというか、バランスよく変えることができる人が、きっとうまくネットを使える人なんだと思います。

自分にできるかなあ、、、、

 

普段使いのタブレットHuaweiのMediaPadM3で、これがすこぶるいい機種で全く不満はないのですが、それとは別にキーボード付きのタブレットが欲しくて悩んでいます。以前、一度LenovoのYogabook Androidを持っていたのですが、処分してしまったので。新しいYogabookが出るということで見たら、Windows版のみ。なぜかというと、Android版は売り上げが前回、Windows版の半分以下よりもっと悪く、ニーズがないと判断されたそう、、、それじゃあ仕方ない。

そうするとタブレットでキーボード付きって、、、iPadか?ということになるのですが、いかんせん高い(笑)物色していたら、CHUWIのタブレットが面白そう。

https://www.gearbest.com/phone-call-tablets/pp_009718884895.html?wid=1433363

しばらく待てば安くなるから、当面様子見しておこうかなと。買った人のレビューも出るでしょうし。でもApple製品をたまには買っておこうという気が、たまにわくんですよねえ(笑)

来月はいくつかお芝居とか予定が入っているので、そのあたりの感想もまた書こうと思います。