雨の中を泳ぐ日々

思いつくがままの気分の記録

雑記 10月16日

とりあえず今日は、出先の仕事で早く終えて、そのまま業務終了でよいスケジュールにしたので、そのままスタバに入って、コーヒーを飲みながら少しのんびりしている。

このところ仕事が続いていて、休みが入らないので、ちょっと疲れてきたが、こういう時にだらっとして、気分くらいは少し楽になっておこう(笑)

仕事関連は、好不調の波が激しく、それは自分の失敗もあるし、環境の悪さもあるし、責任者の方向性との差だったり、、、どこにでもあるような話なので、特別なことでも何でもないが、実際日々そこに触れていると、やっぱりそういうものに慣れていくのは、気持ちをすり減らしていく。でも仕事ってのは少なからずそういうものだし、、、っていうことも、さすがにおっさんにはわかっているので、折り合いの付け方を自分に早く構築していくしかないんだけど。

劇的な変化が起こるわけでもないので、少しずつ埋めていくことに励みましょうと、いうこと。

お芝居は三浦春馬さんの「罪と罰」、生田絵梨花さんが出る「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」を取っています。特に「ナターシャ」は生田さん関係なく非常に見たかった作品なので、とても楽しみ。あとは若月佑美さんの「鉄コン筋クリート」の千穐楽も見に行きます。仕事後の時間でよかった。間に合いそうです。年内はあとは「修道女たち」「贋作・桜の森の満開の下」「三文オペラ」が控えているので四本かな。本当は「日本の歴史」も行きたいのですが、大激戦で確保できる気配がない。ちょっと厳しいかなと思っています。あとはまだ見たいものがあるにしても、仕事の関係で押さえることができる日が限られているので、スケジュール的に難しそうです。

ライブはミスチルのたまアリと、Perfumeの横アリは決定。あとはPerfumeの年越しライブがとれるかどうか、、、行きたいなあ、これは。でも厳しいでしょうねえ。

ミスチルはまだニューアルバム、聞いていないけど(笑)

読書は積読になっていた「未必のマクベス」を読み始めました。まだ序盤ですが、非常に文体が読みやすい。言葉も柔らかい使い方に思えます。これからどんどん進んでどういう感じになるのか、楽しくなってきました。

 

未必のマクベス (ハヤカワ文庫JA)

未必のマクベス (ハヤカワ文庫JA)

 

 あとは沢木耕太郎さんのエッセイ集を購入しています。これは「未必のマクベス」の後ですかね。

 

銀河を渡る 全エッセイ

銀河を渡る 全エッセイ

 

 以前から大好きな作家さんで、講演会とかもよくいきましたが、最近は少し読むペースが遅かったと思います。自分自身がSNSをやったりで読書ペースが悪いので、変えていきたいなと。

 

あとはスマホが「honor10」「oneplus6」の二台になったのですが、どっちをメインにするか悩んでいます。性能的には圧倒的にoneplus6なんですけどね。サイズ感はhonor10っていう。ただ活動量計garmin)との連携などでhonor10はすごく不便で、タスクキルがすぐに働き、連携が切れてしまうため、メールなどの着信が届かないっていう(涙)そういう事情もあって、今しばらく思案をしているところです。

基本、huaweiスマホは外部連携における相性が悪い(例えばfitbitなど)ケースが多いので、気にしたほうが良いとは思います。

 

先日、若月さんがでたドラマ「今日から俺は!!」を見ました。Hulu版で見たのですが、笑えましたね。福田監督らしいギャグや間がたくさんで日曜日の夜は、こういう力の入らない作品がちょうどよい気がします。若月さんも脇役のわりに出番も多く、正直「おおー」と思いながら見ていました。もっと出番が増えるといいですね。

卒業の話題は一段落というか、先日の名古屋での全国握手会で、いったん一区切りだと思うので、あとはイベント関連がどうなるか、、、何かは考えているという話でしたが。個人的には、次に何が決まっているか?を楽しみにしていますけど。

 

とまあ、まったく何のまとまりもなく、何かの感想みたいなものでもない文章で終わります。