雨の中を泳ぐ日々

思いつくがままの気分の記録

プロレス的な話題

どのくらい見てきたか、、、思い出せない。

佐山聡イコールタイガーマスクはリアルタイムです。ちょうどIWGPの予選が始まった位には見ていたと思います。

途中まではガチだと思っていたので、蔵前国技館でのIWGP決勝、猪木失神は本当に衝撃でした。そして藤波対長州の大阪で始めてみた掟破りの逆サソリとか興奮で仕方なかったし、UWFが戻って来てからの前田対藤波のあのキックと流血は本気でやばいと思った人。

全日本も見ました。鶴田がニックからAWAバックドロップホールドで奪った試合のテリー・ファンクに大笑いしたから。

生観戦はあんまり興味がなくて、絶対に行こうと決めたのは、新日本対UWFインターの対抗戦・東京ドーム。

あの試合の興奮は忘れられない一つ。

会場の空気含めて、異質だった。殺伐さもそうだけど、そのときはすでにガチじゃないことはわかっていたが、どういう筋書きにするのか、全く見えなかったので。

長州が安生をコケにしたのも面白かったし、健介が負けるっていう流れも面白く、最後に武藤がああいう形で高田に勝ったのもプロレスらしい。

今、思うとなぜその結末で、その役割を担った人がどうしてなのかもよくわかる。特に健介はそりゃそうなるよと(笑)

結局、自分は新日本プロレスが中心で、映像では他の団体も見ていますが、やはり新日本プロレスが楽しいというか、思い入れが深い。

今の変わった新日本プロレスも楽しいです。特に新日本プロレスワールドという便利な配信があることが、またプロレスを良い意味でリアルタイムに追いかける楽しさを作っています。最初はお客さんが会場に足を運ばないかも?と思いましたが、やはり違いましたね。コンテンツをどう楽しむか?の差でした。

今の新日本プロレスはオカダ偏重のストーリーからの転換期をどうするか?がテーマだし、そこに面白さがあると思っています。

内藤が棚橋のおかげで、そして更に自身のキャラ作りを磨いたことによって、一つ別の柱をきちんと構築できました。

棚橋自身はEVILやSANADAを始めとしたいろいろな選手の格上げに協力しつつ、しかし自身も一つの柱として頑張る姿勢がまだまだ残っています。自分は棚橋のおかげでこの新日本があると思っているし、まだまだ頑張ってほしいという気持ちが非常に強いです。でもコンディションどうにかしろと思いますが。

オカダは正直、CHAOSというユニットが結局は邪魔な一つだと思います。ロスインゴ以外のユニットは本気で再編しないと。グッズ売上はわかりますが、マンネリを過ぎて化石に思えます。

BULLET CLUBや鈴木軍も同様で、特にBULLET CLUBはどういう収束に持っていくか。WWEとの絡みもあるでしょうし、このまま来年のドームまで引っ張り、契約で残る人いなくなる人っていう感じかもしれません。

いろいろな人の見解で権利書マッチで棚橋が負けるという意見を多く見ます。棚橋ならそのブックを飲ませてもいいのですが、正直ケニー対オカダをまた見たいか?と言われたら個人的にはノーです。食傷気味。現在のトップ4での組み合わせで新鮮さがあるのが、よりによってケニー対棚橋なのは、失敗だったとは思うんですけど。もっと早くインターコンチのリマッチになれば良かった。まあ棚橋が怪我したので仕方ない。

外道のブックがどうとか、自分もTwitterとかでは、あまり良くつぶやいたことがないです。正直、偏ったストーリーを作って拡がりが少ない気がします。例えば後藤がCHAOSに入ってメリットは結局、何だったのか?とか。後藤自身の格上げどころか、落ちる一方という状況だし。せっかくあれだけのパワフルな素材を活かしていないとは思います。石井があれだけ評価を上げていくのとは対照的。他にも一杯ありますけど。

ジュニアとか含めて、本当にいい選手が集まるリングになった新日本プロレスがこのあとにどういう展開の筋書きにするか?

ジュニアはヒロムの怪我は痛かった。せっかくKUSHIDA以上に人気が出る中心選手を置けたのに。ヒロムもあのキャラは早く辞めたほうがいいけど。そうなるとオスプレイに戻すのか、、、SHO、YOHもキャラクター失敗ということは、さすがに気がついていると思うので、むりやり引っ張るか路線を変えるのか?は注目。

ヘビーは、とりあえずトップ4に食い込んできたEVILとSANADA以外に誰が来るか。ジェイ・ホワイトとか素材はいいけど、あのキャラと試合運びは正直かっこ悪いから早く誰か修正してあげて欲しい。

しかしいろいろと出てきますね、プロレス話題は前の更新でよく拝見すると書いた21世紀の「なぜ?」プロレス論:薮田博史

さんのような熱さまでは今はもうなくて、割と客観的にやや斜に構えて見てしまうことが多いのですが。

今年のG1で、決勝の柴田と棚橋を見たら、久々にやばいなあ、、と思いながら見ていました。ああいうストーリー作りは、特に柴田が戻ってきてからの棚橋との関わりが一つのドラマだっただけに、余計に面白かった。

なんだかんだで、楽しんでいる自分がいることに気が付かされます。

次のブックマッチが楽しみです。