雨の中を泳ぐ日々

思いつくがままの気分の記録

お題があって、何がよかったか、悩む

一番良かった作品、、、今年は映画館にほぼ行けていないという寂しい事実があるので、ちょっと難しい。
ドラマになるのかな、、、候補は「カルテット」「CRISIS」「BORDER 贖罪」辺りでしょうか。
おそらくドラマ好きの人は、「カルテット」一択なのでしょうね。実際、面白かったし。大人の童話と現実の境目という意味で、あの四人の個性が見事に合致した作品だったと思います。twitterでもつぶやきましたが、特に満島ひかりさんの演技は素晴らしいし、今の日本のドラマ界に彼女がいることの大きさが、改めて実感できます。感情表現の細やかさをここまで魅せる女優さんは、今はなかなかいない。
高橋一生さんに関しては、まあ第三舞台に客演している時代から何度も見ているので、なんというか今か、、、という感じしかしませんけどね😁

こう書いていくとやっぱり「カルテット」になるので、ここではあえての「BORDER 贖罪」にしておきます。
実際に楽しかったですよ。石川があくまで犯罪行為もふくめて、死者の側に立った救済を続けることを決意する流れは、エンターテイメントとしての面白さが堪能できました。実際、違法行為を辞さないという描き方って、本来は難しいでしょうけど、そこはエンタメであり、また自らの信じる正義のためという部分が説得力を持たせていた。
以前も書きましたが、ぜひ続編がみたいですね。

っておもったら、過去の名作でもいいっていう企画らしいので、、、、、演劇ならあるんですけどね、いっぱい。


#2017年一番良かった《映画・ドラマ・アニメ》

Sponsored by Netflix