雨の中を泳ぐ日々

思いつくがままの気分の記録

雑記 12月8日 来年のイベント

年末になると、来年の芝居やコンサートのチケット発売が始まる。

厄介なことに今の仕事だと、人事異動とかなんとかが変な時期に来るので、なかなかスケジュールが立てにくい。かと言って確保しないと、行けるものも行けなくなるから、どうしましょうという感じ。

とりあえず「新・時をかける少女」のチケットは確保した。あと大学ラグビーの恒例準決勝のチケットも確保。三谷幸喜の新作と、「髑髏城の七人」の新作は申込みは済ませた。あとPerfumeのファンクラブイベントも当選。

ちょっとずつ埋めてきているが、あやしい日程も多いので、全部行けるのか?は仕方ないと思うところも。覚悟して置かないとね。現に今回も2つほど行けなかった芝居があり、残念なところでもある。

チケットといえば、チケットキャンプが営業を一時的に停止ということで、情報を集めてみるとどうやらジャニーズを敵に回した様子。そりゃあ勝ち目がない。何をやらかしたのかは知らないが、そういうところが動くと本気になるということがよくわかる。じゃあ、今までのは何か?という話もあるけどね。きちんと適正なチケット交換システムの構築が出来れば良いということしかない。

このクールは意外とドラマをちょくちょく見ていて、昨日「奥様は取り扱い注意」が最終回だった。元工作員の妻が平凡な生活を望むが、だんだん事件の解決のために本性を表していき、最後は、、、という展開は西島秀俊が旦那さんだった時点で怪しかったので、違和感はない。ただ変にリアリティな設定を追求しすぎず、適度にふざけた感じを見せるのと、主婦生活っていう基盤を広末涼子や本田翼ふくめて見せながら、スリルを盛り込むっていうのは悪くなかったと思う。綾瀬はるかはアクションを頑張っていて、多少スピード感にかける部分はあっても、よくマスターしていたと思う。最後の場面はどうにでも解釈できる要素があって、あれはあれで良いかな。続編とか作りやすいし。こういうテイストの作品はこれからもほしいなあ、金城一紀先生、肩のこらない楽しい作品、ありがとうございます。

これからしばらく忙しくなるけど、楽しみが減らないように頑張ろう。