Electric Sheep

徒然なる日々の記録

雑記 8月29日

しんどかった仕事のピークが昨日で終わったので、明日、明後日とお休みになった。

かといっても、すぐに次の準備があるので、まあ楽はできないけど、でもまあせっかくなので、買い物にでも行こうかな。

 

買い物といえば、Amazonのセールの調子に乗って「Kindle Paperwhite」を購入してしまった。昨日、封を開けて起動させたら、確かに軽い。

 

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 

 

ただ挙動がやはりタブレットなどに比べると、遅い。そのあたりはCPUのパワーの違いもあるだろうから仕方ないけど。最近は読書をするのに、リアル書店で本を物色してから、Amazonで注文とか、Kindleで買うっていう状況が多い。本が多すぎて収納スペースに困っているのが問題だけど。実際、電子書籍の手軽さは最近よくわかる。それでも紙の本も購入するけど、共存は可能だとは思う。所有物としての本の価値を高める工夫があればだけど。

 

 

BRODY (ブロディ) 2017年10月号

BRODY (ブロディ) 2017年10月号

 

 

Twitterにはいくつかつぶやいたけれど、雑誌「BRODY」を購入した。気になっていた乃木坂46の二期生に関する記事を読みたかったので。これはツイで何となく書いたらまとまりがなくて、だめだなあと思いながら、、、自分の意見としては個人闘争であるアイドル稼業に、グループに入った時期での幸不幸とか、優遇不遇っていう感覚がどうにもなじめなくて。今も打ち出したらちょっと止まらなくなったので、この件はやはり機会があればなんか書こう。

このところ、舞台の感想をいくつか書いていたけど、なかなかうまく書けなくて忸怩たる思いが残る。表現力が足らないし、深く読み取る感性も乏しくて、表面的な事象をなぞっている感じがあって、さすがにもっと感覚を高めろよということなんだけど。ただ、いくつか見た中で、不満もあるけど「プレイヤー」は面白い作品。もっと怖くてもよかったなあと思うけど。入れ子にした事で「プレイヤー」というシステム自体の恐怖感は薄れている。実際にはそのシステムは存在しないことが前提で、でもそういう感覚に侵食されていく役者たちっていう構図自体は面白いのだけれど。実際の役者たちも同じことを初めてしまえばよかったのだろうか。新感線の「髑髏城の七人」はあれだけのお金をかけてやったら、今更小さい劇場で演劇できないだろうなあ、、、いっそのこと昔の夢の遊眠社がやったように、代々木第一体育館で舞台をやったらどうだろう。髑髏城のバージョンいくつか一挙上演とかいって。個人的にはそういうてんこ盛りな感じは大好きです。

すっかりと「ローゼンクランツとギルテンスターンは死んだ」の予約を忘れていた。これは確保できないかもなあ、、、ヨーロッパ企画は行きたいので、調整しよう。イキウメは無事に「散歩する侵略者」を取ったので楽しみ。こういう不安感をあおる作品は非常に好みです。

 

関心は舞台ばかりでもなくて、これからはラグビーシーズンなので、秩父宮に行くかもしくはスカパーで観戦とか増えそう。というか見たい。とりあえず優先予約で日本代表対オーストラリア代表の試合は確保。自由席だけどまあそれは仕方ない。なにしろ高い。まあしょうがないけどね、あれだけのチームを呼ぶわけだし。もっともどの程度のレベルの選手が来るのかはわからないが。

ラグビーに関しては最近はツイでよく出てくるワールドカップに向けての宣伝というところがクローズアップ。なかなか厳しい問題。代理店とか入っているはずなのに、動きが弱い。一部のファンからはまず集客が目的だから、バレーボール&フジテレビの施策のように、ジャニーズタレント関連をキャラクターにして集客成功などの事例を見習うべきという意見が多い。個人的には反対で、あれ結局協会の主催する大会への収入アップにはなったけど、バレーボールそのもののファンが増えていない。まず足を運ばせてそこから一人でも、、という考えた方もわからなくもないが、どうにもバレーボールの事例がプラスには思えず。かといって有効な手段を思いつけないので、もどかしい。個人的には大学ラグビー選手権の時の山崎紘菜さんの例のように、普通にイメージキャラクターを置くほうが良いのかなと。少なくともジャニーズに秩父宮でライブをやられるのはちょっと辛いので、それよりは現実的な広報活動に向き合ってもらえそう。時間もないので早めに決めてほしいのですが、、、一番いいのは石原さとみさん。女性受けも高い、ボールを持っている姿が絵になるなど、宣伝という点で彼女は非常にいろいろな場面で上手に対応しそう。べたな人選ではありますが、、、基本色の強くない女性がよいとは思います。

 

という文章をだらだらと打っていたので、そろそろ休憩も終わるので、アップしておこう。