読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

アクティビティトラッカー

最近は、やたらと増えましたね、この手の商品。

もともとはスマートウォッチとの境目があった気はしますが、ここ最近は機能がどちらも充実しているるので、時計と活動量計の両方を兼ね備えたものが増えたと思います。

で、自分は最初Xperia Z3 Compactを購入した時にプリインストールされていた「Lifelog」というアプリが非常に面白かったので、そのアプリをより充実させたものにするには、ソニー製のセンサーが必要でした。そこで思い切って活動量計と大袈裟なものではありませんが、歩数や通知を振動で教えてくれる「SWR10」を購入しました。

 

 割り切ると便利なものです。本格的な活動量計として考えると、物足りないです。睡眠時間とか歩数とか、ランニングとかそういうわりとシンプルなデータとメール、Twitter、LINEなどの通知のお知らせといった感じで使っています。画面表示は無いので、情報はすべてスマートフォンで確認することになります。リストバンドが貧弱なので、一度無くしてしまって、もう一度購入し直しました。

これは問題はアプリに多くて、きちんとデータが取れなかったり、アプリが落ちたりとそのあたりは微妙ですが、割り切って使うと意外と楽しいです。

当面はこれでもいいのですが、体調管理も含めてもう少し運動量などを取れるものもいいかなと考えています。

そして、スマートウォッチもちょっと気になってきました。実際、遊びの領域を越えないし、充電の持ちを考えるとあまり実用性は感じていませんが。あくまでお遊びです(笑)

最初は、ソフトバンクのバーゲンのAppleWatchの第一世代を購入しようかと思いましたが、案の定ひどいキャンペーンだった様子で回避。そうしたら、ソニー製の「SmartWatch3」が在庫処分価格になっていたので、これを購入。

 

 先日、セッティングをして、ちょっと使ってみました。1/2のラグビー観戦の時に時計代わりで使いましたが、使い方次第で便利なんだと思います。

GPSなどはナビ機能の際に便利。乗換アプリを入れておくと、時刻やホーム何番線なども確認可能、音声で検索などなど、GoogleFitと連携すると、歩数なども登録できます。

問題はバッテリー、満充電して、ラグビー観戦で手にはめて使って、夕方の時点で70%位の残量。自分の場合、通知が少ないからっていうのもあります。そういった通知が多い方はもう少し減りやすいのかも知れません。体感で2~3日くらいの持ちかなと思います。あとはシリコンバンドなのでほこりがすごく付く。変えた方がいいって人もでるかも。

継続して使うかは検討中です。

で、さらに安くなっていたので、心拍も一応測定可能、通知が画面に出る手ごろな値段ものを探したら、アマゾンなどでは大量にあります。その中でレビューでは賛否両方ありましたが、デザインは悪くないので購入したものが一つ。

 

 これはデザインはいいんですけどね、、画像は撮っていないのであしからず。評判が悪いのは主にアプリです。バンドとの同期や初期データが飛ぶなどの話が出ています。ちなみに自分は、スマホで同期するといろいろとややこしくなるので、先日購入した「MediaPad M3」と同期させています。

 

 本当にサクサク動く、いいタブレットです。指紋認証をきちんとしておくと起動の早いこと。ストレス無いですね、電子書籍を読むにもいいサイズ。年末のアマゾンのバーゲンで「Kindle Paperwhite」を購入しようと思いましたが、このタブレットの存在でいったん踏みとどまりました(笑)

このタブレットに「iwownfit」というアプリをインストールして、このアプリから端末を探すようにすると、ベアリングできます。データは即座ではないですが、少し経つとデータがアプリに反映されました。

活動量計としての機能は普通です。歩数、距離など。あとは登録すればなんのスポーツをやったかで、その活動時間も記録。心拍も測定した際のデータがアプリにのこります。常時測定ではない感じ。

非常に軽いのでその点は便利ですが、いかんせん製造元を考えると、過度な期待は禁物です。

結局、自分がどういうデータを集めたいのか?どのくらいの頻度で使用していくか?だと思います。通知を逃したくなければ、画面のサイズを含めてそういう活動量計が必要。スマートウォッチの方がいいかもしれません。画面表示の多さとバッテリーはトレードオフなので、どっちを優先させるかで選ぶものは変わってくると思います。

じぶんはもう少しいろいろと使って結論を出したいと思います。