Electric Sheep

徒然なる日々の記録

HUAWEI 「MediaPad M3」を購入

昨年、購入したASUS Z300CLという10インチのSIMフリーAndroidタブレットですが、ある日急に画面に白い模様が、、、どうやら液晶画面の下のところに不具合がある感じ。とりあえず製品登録をしていたので、ASUSに修理見積もりを依頼しました。

数日たって、サポートからTELが来ましたが、、、液晶修理に17000円、さらにSIMスロットにも不具合でそこで12000円、工賃込みで35000円という金額になるということでしたので、そのまま即撤収。しかし見積もり代金3500円は取られる始末、、、悲しい。

ただ操作性自体に問題はないことと、液晶の発光の問題で、実用上は我慢できるという感じでしたが、まあいいかと思って相方にプレゼント。相方は自分用のタブレットが無かったので、それなりに使えるかなと家の中で使い廻している様子です。

さて、自分は手放したので、どうするか物色していました。最初は候補だったのが同じ10インチのZenPad S10ですが、どうにも今一つ評判が悪い。取り廻ししやすいサイズも考えて、10インチか8インチかかなり迷いました。一度は同じASUSでも評判のいいZenPad 8.0Sに決めかけたのですが、そこに丁度HUAWEIがMate9とMediaPad M3を発表したので、思い切ってMediaPad M3を購入しました。LTEスタンダード版です。

というわけで、簡単な開封の儀です。

f:id:unimasa:20161230222801j:plain

こんな感じです。液晶保護シートが上蓋のところに入っています。

f:id:unimasa:20161230222924j:plain

本体の下は取説とSIM用のピン、右はアクセサリ(充電ケーブルなど)です。

f:id:unimasa:20161230223029j:plain

こんな感じです。結構高級感のあるケースでした。

充電はMicroUSBです。ここはUSB-Cが良かったかな、、、今、メインで使っているスマホがZenFone3なので、共用できるし。

f:id:unimasa:20161230223217j:plain

通電後、起動時に日本語を選択すれば、おなじみの画面。画面はとにかくきれいです。音も試しに音楽を鳴らしたら、本当にクリアです。この辺りは力を入れたけ、さすがです。

f:id:unimasa:20161230222714j:plain

横画面にするとこういう感じ。基本は縦のレイアウトがデフォなのでしょう。

右側のボタンはセンターボタンで、押し方の変化で「戻る」「起動中のアプリ一覧」などいくつかの操作に振り分けられます。ついでに通常のナビゲーションバーも表示可能です。

AnTuTuは別の方があげていましたが、自分の測定でも「92849」とそれなりの数字。特段困る場面は自分にはありません。RAMが4GBなのも助かる。

今までずっと「Ascend Mate7」をメインのスマホとして使ってきているので、操作性に関しては問題なく使えることができました。現状では大きな問題点は見当たりません。HUAWEIがプッシュしているように音はきれいです。

いい買い物をしたと思います。もう少しいろいろと使いこんでいきたいと思います。