読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

「嫌われ松子の一生」黒い孤独篇 を見て(改訂版)

girl Play


f:id:unimasa:20161007151043j:image

表題のタイトルの作品、ネルケプランニング制作「嫌われ松子の一生」黒い孤独篇を見てきました。

このバージョンは若月佑美さんが主演です。以前も書きましたが、桜井さんとの違いは何かっていうことも含めて舞台の幕は上がりました。

ツイにも少し書きましたが、基本、肉声で演じています。役者の立ち位置によっては少し微妙な部分はありますが、みなさんきちんと声が出ているので、大きな心配はないと思います。むしろ、若月さんは喉が強くないので、最後まで持つのかが心配です。

劇場は円形なので、ある程度見えやすいとは思いますが、一階席は少し見上げる感じがすごいので、前にいる人によっては見えにくいシーンがあるかも(笑) 

今回は初日の公演を見ています。座席は一階席4列目でした。ほぼ正面だったので見にくいという部分は少なかったです。後ろの壁側に別の席がありましたが、初日ということもあってか、今野さんと桜井さんが見に来ていました。桜井さんは開演前にすっと入って、顔を隠してマネージャーさんと入ってきました。今回の演技を見て、どう思ったか。あとで演出の葛木さんに「わからなかった感情の部分で、見えた気がする」的な話をした様子なので、今後見に行く方は楽しみが増えたのではと思います。

さて、ここから内容に触れつつ書きます。ネタバレが嫌という場合は、ここでやめておいて下さい。

この舞台を見るにあたって、主人公に起こる境遇が悲しい話であることはわかっていたので、単にかわいそうという観点だけでなく、自分なりに舞台で表現されるストーリーの捉えかたみたいなものを、考えてみようと思いました。舞台上でおこる出来事や、近い距離で若月さんの演技を見てしまうと、観劇中は引き込まれる部分ばかりが多かったのですが、少しテンションが落ち着いて、自分が見た二時間を整理したときに考えたことを書いてみます。

 

1.舞台上で描かれた出来事

ストーリーを追っていくと、中学校の先生だった川尻松子が、生徒の嘘の証言がきっかけで、学校を辞職することになり、そこから流転の日々を送り、最後にひっそりと死んでいく、53才の生涯を描いた作品です。どこにも笑いとか、コメディみたいな雰囲気は出てはきません。

一人の女性の人生として、このストーリーを見ていると誰もが感じる「何で、その選択をするんだよ!」っていう川尻松子の歩み方に、ちょっと違和感というか、何故そうしてしまうか、、、、それが川尻松子の生き方だと観客は見せられます。それこそが「人」であり、人はそういう選択をしてしまうことがいくつもあるんだ、という皮肉というか教訓めいた提示なのか?と少し考えてしまいました。

そういう意味では、松子という女性が求めて、そして与えた愛情がゆえに繰り返される「悲劇」でもあり、そういうことを繰り返すことしか出来なかった人の弱さというか、滑稽さを見せる「喜劇」というか、実は単純に哀しさだけを二時間見せ続ける話ではなく、その裏の意図が何かあるのか?と見終わったあとにしばらくしてから考えました。

勝手な考えですが、観客が松子に非常に近い目線でというか、感情を投影する感じで見ていると(観劇中はほぼそういう感じだと思いますが)、この話は「悲劇」だと思います。むしろ「なんでそうなことになるの?」というような少し客観的に捉えた目線だと「喜劇」のように映るかもしれません。昔のチャップリンの言葉にあるような「人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇である。」が妥当かはわかりませんが。

あわせて、二時間に描かれた(というか原作も含めて)この松子の一生をたどっていくときに、彼女の人生の意味とか、価値とか、愛情を求めたがゆえに翻弄された生き方が、不幸そのものだったのか?を考えると、主役を演じた若月さん(そして桜井さんもですが)のアイドルとしての存在が、松子の人生の不幸さを際立たせているなと思います。さらに付け加えると、アイドルであるからこそ、最後の洋一の「神は自分の中にいる。松子は僕にとっての神だった。」という言葉が生きてくる。そこに松子という女性の人生の価値が現れているんじゃないかと思えてきます。

観客としてリアルに感じる二時間と、そのあとの舞台上で起こった出来事を振り返ることで、いろいろな受け止め方をすることが出来る楽しい作品だと思います。

 

2.若月佑美という表現者

 共演の男性陣が、脇を固める中、今回の若月さんは実に見事に松子を演じたと思います。若月さんの場合は、声に特徴があるなあと考えていて、舞台上では少し張り上げる印象が残りますが、かわいらしい場面や荒んだ場面での切り替えなど、感情の起伏をうまく表現していると思います。

彼女に関しては二つの感想があります。

まずひとつは彼女が考え抜いた松子だった。それが良いのかどうかは、何ともいえないです。ただそこに松子がいたのは確かだと思います。若月佑美ではなく、川尻松子がたっている気配は感じさせました。あえていえば、やっぱり想像の範疇ではあったかもしれません。彼女自身か演出家の葛木さんの狙いかはわかりかねますが、おそらくこういう演技であろうとか、感情の起伏も含めて若月さんが考えた範疇での松子であった。個人的には、それでいいと思う部分もあるし、若月さんに関してはそうじゃないアプローチもできればという気持ちもあって、複雑です。

ただ、女性ってこういう状況で理性で動くのか、感情というか衝動で動くのか?という部分が、この戯曲では伝わりにくい。この二時間では彼女に起こった出来事を時系列で見せていくので、出来事の場面のみが切り出されます。感情の変化をその場面から補って受け止めていくので、そのあたりは憑依型といわれる桜井さんの方が計算抜きですっと女性としての本能的な衝動を見せるのがうまいのかもしれません。そこが演出の葛木さんが考える桜井さんと若月さんの演出上の違いだと思っています。

若月さんは、翻弄されるという部分よりこの川尻松子という女性の生き方を、自分の選択の歩みという表現をしたかったのかな?と少し考えていたりします。演じ方が「熱情」ではなく「孤独」であるのは、その孤独に至るまでが彼女の選んだ結果という解釈なのかなと。初日だからかもしれませんが、感情のほとばしりみたいなものが、なんとなく抑制されたというか、若月さんの中で決めたプランがこういう松子なのかな?ってあとで振り返りながら思いました。

ただ、物語のエピソードを見ると、もっと感情に突き動かされた場面が多くある気もするので、若月さんはそういうこともひっくるめて「運命論」のような解釈をして、プランを立てているのかも知れませんが。そのあたりはいつか語ってもらえるとありがたい話です。

もうひとつの感想は、瞬間的なスイッチの入り方が非常に良かったのと、女性には艶っぽさがやはりそれぞれ特徴があって、若月さんの個性が良く出ていたなあと。個人的に好きな場面は二つあります。ひとつは、なだぎ武さん演じるマネージャーの前で、服を脱いだときの表情。もうひとつはラスト近くで、出所した洋一に捨てられて、そのままひっそりと暮らしていくシーンと、すでに死んだ後で不倫相手だった岡野と洋一の会話の中で、洋一にとっての松子が「神のような存在」だったと連想させるシーンです。

服を脱いだシーンの表情は、若月さんが考えた女性が覚悟を決めたときの凄みみたいなものが、非常にうまく出せていたと思います。こういう箱の劇場ならではの良さでした。祭壇の前に立っているところでの神のようだと洋一が話す「癒し」としての対象から、「浮浪者」に切り替える場面での表情の切り替えは、ものすごく好きです。あの瞬間のスイッチというか、若月さんの演技力の良さをみたと思います。犬天でもそうでしたが、若月さんは自分でそういう切り替えができるところ、もっと評価されていいと思うんですけどね。

やっぱり単純な憑依型でも当たり外れが出るし、かといって、頭でっかちでもだめで、そこが難しさでもあるんだと、この演技を見て感じます。若月さんのうまさと脆さの同居というか、この舞台で松子を演じることで、若月さんには、一人の女性の人生が悲劇であれ喜劇であれ、その一生をどう表現するか工夫し続けてたくさん引き出しを広げて欲しいなあと思います。またその引き出しを楽しみに舞台を見たいと思います。

 

3.松子の存在は「神」なのか?

ステージの構成が十字架で、かつ祭壇というかイエス・キリストがいるであろう教会をモチーフにしたセット組みだけなので非常にシンプルです。話を追いかけていると、洋一にとっては「聖母」のような存在になっていきます。他の男性にとっても、単に利用したという部分も大きいですが、「自分の幸せのために必要だった存在」という考え方もあるかも知れません。

ラストの松子が十字架を持って歩むシーン、あとから考えると、イエス・キリストゴルゴダの丘を連想させたいのかな?などをふっと思いました。磔にこそされていませんが、殺される場面は民衆になじられるキリストに例えられたかのようです。実際には松子は愛を求めたからこそ、過剰に与えたに過ぎないので、本当は神でもなんでもなく、ただの幸せが欲しい一人の不幸な女性という気がします。でもそういう松子であっても、人を救っているというか、そういう存在にもなり得たという話にもなっています。そして最後に遺骨が抱かれるシーンは、愛を求めて死んでいった松子の一生へのわずかな報いであるという個人的にはある種のハッピーエンドも含めた終わりなんだと解釈しました。逆に死んでからでないと、愛情を一生もらえなかった、、、という解釈も出来るので、ここは見た人それぞれの受け止め方かもしれません。

 

4.初日を見て

初日は非常に緊張だったと思います。カーテンコールのあとの若月さんの表情に、安堵感がにじみ出ていました。当たり前ですね(笑)

回数を重ねることで、表現力の幅はもちろんでるし、若月さんが考えている松子の一生をどう観客に見せたいのか?もどういうイメージを持っているかで変わると思います。大変ですが、頑張って欲しいと思います。

共演の男性陣は、なかなかに頼もしいというか、若月さんを本当にうまく盛り立てたと思います。演技力もそうですが、そこから松子の悲劇性を際立たせたという意味も。なだぎ武さんのマネージャーですら結果的にはやさしさが裏目になっていますし。そういう男性陣の演技のうまさが、松子の一生における不幸な出来事の場面ごとに印象付けられるので、逆にこういう脚本構成のほうが、すっきりしていていいんだろうなと、この感想を書きながら思っています。

なんか、まとまりがなくなってきました。

アイドルがこういう舞台を、、、みたいな感覚はどうでも良くなると思います。むしろアイドルが演じたからこそ際立つものがあったなあと、後になって思う部分が多いです。そう捉えることで、松子の流転の人生とわずかな救いを間近に感じてほしいなあと。特に若月さんのファンの方は、彼女の凄みとラストの凛々しさを実感することができると思います。

次は、桜井さんの赤の熱情篇を見ます。

演出家の葛木さんもどちらかというと、桜井さんを評価している感じですが、、、演出上の違い含めて楽しもうと思います。