読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

「すべての犬は天国へ行く」 2015.10.03 ソワレ


f:id:unimasa:20151006091808j:image

乃木坂46の恒例企画「16人のプリンシパル」が今年は中止というか、企画がなくなっているので、その代わりなのか、13thシングルの福神以外のメンバー(伊藤、井上、生駒、桜井、松村、若月)+13rhアンダーメンバー(斎藤、新内)で、ケラリーノ・サンドロヴィッチが書いた戯曲「すべての犬は天国へ行く」を上演することが決定しました。

プリンシパルの即興性はいい経験になるのと同時に、去年の内容を見ると、何のための選考システムなのか?特に人気だけで決まったりする部分は、「演劇」という意味では微妙だったし、すべてのメンバーがその志向を持っているわけではないので、この判断は良いのかなと思っていました。

で、実際、取り組むことになったのは「すべての犬は天国へ行く」です。ケラさんが演劇活動を始めて15周年の節目で、ナイロン100℃の公演作品になっています。当時からナイロンで活躍されている犬山さんとか村岡さん、峯村さん、松永さんといった方々に加えて、戸川純さんが出演されています。

 さて、、、当時の話はそれくらいで、今回の乃木坂メンバーの舞台です。3日のソワレに行きました。もう一回11日のソワレに行きます。普段だと二回行くことはあまりしない(一回の新鮮さというか、その印象を大事にするので)のですが、今回は好きなケラさんの戯曲を乃木坂がどう演じるのか?という期待値が高くて、二度行くことにしました。

ここからが感想です。ネタばれあります、なので、これから見に行く方が万が一、この文章に目を通すことがあれば、スルーしてください。

 

以前、ケラさんの話にもあったと思いますが、今回の「犬天」は有名なベケットの「ゴドーを待ちながら」をモチーフというか、ベースにおいた部分はあります。村から消失した男性を、村でひたすら待つ女性たち、、、この男性が「ゴドー」という位置づけです。演劇ファンならご存知ですが、このゴドーを待つウラディミールとエストラゴンは、終わりがくるかわからない繰り返しを過ごすというものが描かれています。今回の「犬天」はその繰り返しを女性たちが「意図して」過ごすことで、安定を無理やり保ち、少しずつ「狂っていく」日常の中に、部外者であるエルザという女性ガンマンが来たことで崩壊していくさまを描いています。

ストーリー自体はこういう「ゴドー」などの知識があると、より理解というか世界観がつかみやすいのかもしれません。

登場人物は、舞台上でも女性・もしくは男装した女性が劇中で生きるという状態です。女性たちは男性たちがこの村に戻ってくることが無いことを知りつつ、そしてこの村から出て行くことも出来ず、あるいは出て行くと殺されているという世界のなかで、日常を過ごすことを選択しています。狂気の中で過ごす日常は、ほころびがでると、その均衡はたやすく崩れます。殺し合いが始まり、最後は主要な人物のほとんどが死に、少年(の格好をした女子)が殺されて、生首をさらすシーンでエンディングを迎えます。

ストーリーは非常に楽しいというか、個々の場面での人物の動きをどう推理するというか、想像をめぐらせるか?という面白さが多くありました。なぜそうなるのか?という感覚は、こういう世界観のストーリーの面白さですね。

さて、出演者についてです。

はっきり言えば、乃木坂46メンバーの大体が「努力賞」以上のものには、3日の時点ではなっていません。がっかりというか、稽古の日数が少ない、練習にも「影」が多くいるという話を聴いたので、正直ここは乃木坂46LLCという運営会社の甘さだと思います。結果的に演技力などに疑問符が多くついています。この感覚は、おそらく乃木坂ファンからすると「?」かもしれませんが、演劇サイドからみたら、そういう評価を3日の時点ではせざるを得ません。Twitterなどでも井上小百合、桜井怜香が好演といわれていますが、残念ながらそこまで高い評価はないなというのが正直な部分です。下手では無いです。でも「上手い」と言われたら、そこまでは褒められない人が多いという評価です。

井上さんが今回の主役にあたるエルザです。がんばっているとは思います。ほかのメンバーもそうですが、アイドルが特に舞台で演じるときは、基本そのアイドルが「消える」くらいな部分がないとだめだと思います。残念ながら井上さんは完全に「井上さん」がそのまま残っていました。台詞回し、所作などから見ても、井上さんのまま。それはほかの乃木坂メンバーも同様で、稽古という部分の大きさを改めて実感します。ボケに対するリアクションも、NOGIBINGO!で見せる動きと変わらないというか、そのままなんですね、、、大事なのは「エルザがこの茶番劇にとりこまれつつ、均衡を保とうとする様子」をどう見せるのか?ですけど、なかなか難しい。

桜井さん、医者の妻です。後半は医者の妻が狂って、その医者に男装して、売春婦を買いにくる。最後は生駒さん演じる頭の弱いメリィにいたずらしていたことが、母親にわかり、その母親に銃殺されます。前半の妻の役は、夫を探す妻を定期的に繰り返し演じるわけですが、ここは桜井さんの天然さや明るさがうまく作用したと思います。前半はちょっとした空気を和ませる雰囲気も含めてよかったと思います。若干、彼女は顔が下がる癖というか、台詞のときに首が傾く癖が見受けられるので、舞台をやるなら修正したほうがいいかなと。指摘されていないのかな、、、問題は後半です。医者に男装した妻という狂気が表に出た状態になるわけですが、、、普通なんです、まったく狂っていない。ただ桜井さんが男装している(乃木塚状態)だけの演技になってしまっている。ここが残念。夫の行動というか、それをなぞることで空白を埋めようとするわけですが、その妻の狂いが、演出家の意向なのかどうかもありますが、完全に隠れてしまう。松村さんとのシーンが話題になっていましたが、あそこもいやらしさがまったくでないので、残念なところではあります。前半のうまさが後半で消えてしまった感じです。

もう一人評価の高い伊藤万理華さん。クレメンタインという意地悪な役です。メリィのかわいがっていた犬をその母親に殺させたり、売春の様子をのぞくなど屈折した部分を覗かせます。ただ医者には惚れていたので、その医者の妻にも擬似投影することになります。最後は自殺?します。デボラがなぜ疑問に思うのか?はこの部分ですが。伊藤さんは声質がこの役に合っています。きつめな台詞を言う感じがあっています。背が低いのと手足が短めなので、動きが小さく見えてしまうのは残念。目の動きなどは、感情表現とか、その感情をぶつける対象への意図とかわかりやすくしている努力は伺えました。役柄なのか発声の最初に力を入れすぎなのは演出でしょうか?ちょっとしつこいなあと思うときはありました。最後の自殺というか、そこにいたるプロセスでの感情の起伏がやや弱いというか、怒りだけを見せているので、そのあたりは伝わりにくい演技になってしまいました。

若月さん、演技経験は一番豊富というか、安定です。村から出て行く女性を殺す役です。若月さんがこの役なのは、たぶん彼女なら最初に狂気を見せてもうまくこなせるからだと思っています。ほかのメンバーには難しい。若月さんは最初にこの村で、その狂った平衡を垣間見せる役柄です。舞台という場所でのリアクション、表情、意図的なわかりやすさ、そういった部分の上手さは十分に伝わります。いかんせん、出番が少ないというか、狂った部分での見どころが少ないので、その辺りは残念です。

生駒さん、メリィ役です。少し知恵遅れですが、母親と一緒に村人を殺している役柄です。生駒さんにはこの役以外はないなあと思っていました。で、、、やっぱり生駒さんになってしまいますね。表情だったり仕草だったり、引き出しが少ない。井上さんもそうですが、多分、演技以外にいろいろな世界観に触れるということが少ないから、どうしても見せるものが画一的になりやすい。マリネを殺す瞬間の無邪気さはよかったと思います。

新内さん、売春婦ですが、まあ年齢っていっても24歳とかなので、引き出しが、、、っていうのも微妙です。でも一番努力しているって感じです。村を出ていこうとするときの若月さんとの会話は、いいテンポでしたし、優越感を感じさせることができていました。まあ、彼女もすぐに新内さんに戻ってしまいますが。彼女はプリンシパルでもそうですが、リアクションがうまいので、経験積んで欲しいですね。

問題はというか、残念な二人が松村さんと斎藤さん。特に斎藤さんは厳しかった。ガスという役での彼女が見せるべき、怖さとかが全く出せていない。愛嬌はわかります。でもガスが最初に手下に殺されるには、ガスが怖く見せていて実はポンコツという図式が成立しないとダメなんですが、、、あの演技力と喋りでは現状、舞台は斎藤さんのフィールドには向いていないと思います。松村さんはまずセリフに抑揚がつかないと難しいです。彼女は関西弁なので、標準語をしゃべるときに、どうしても言葉を選ぶのか、ずっと同じトーンでしゃべります。セリフが台本読みと同じ状況になっていて、言葉になっていないところが厳しい。あとは二人共舞台上での動きをもっと意識したほうがいい。井上さん、伊藤さん、桜井さん、若月さんはそこは理解している。手足の動きや、首の傾け方やら、、

行き着くところ稽古不足という結論なんでしょう。

最終的に生き残るエリセンダやデボラが乃木坂メンバーでないことが、一番の残念さ。その配役は今回リハの期間も入れると、回せなかったというのが現実なんだろうと思います。まあ首を切るという行為含めてアイドルとしてどうか?という向きもありますが、それなら最初からこの戯曲をやる意味がない。周りの猫背さん、山下さん、東風さん、鳥居さん、ニーナさん、柿丸さん、うまくフォローというか回していたと思います。彼女たちのおかげで、この舞台は破綻なく動いていると思います。猫背さんの細かい仕草とか、学ぶべきところは多いです。

最後に、、、

こういう感想を書くと大概「アイドルとしてよくやっている、絶賛」というスタンスなのか、自分のように「努力賞レベル」という視点と別れることが多いし、乃木坂ファンサイドはほとんど圧倒的に前者です。

いい、悪いではなく、演劇をずっと見てきている自分とすれば、これをきっかけにもっと勉強して見てほしいと思います。アイドルがあんなことをやっているは、コントに出ている話と変わらない。舞台は本来、その役柄がステージ上で生きていないといけない、だから演じる個人が舞台に投影される演技は評価されない。そこが今回「努力賞」と思う理由です。若月さんはそこはうまくできそうだった。伊藤さんもラストまではうまかったし、桜井さんも前半は良かった。それはやっぱり経験の差だし、理解の差だと思います。

難解とまではいきませんが、確かにわかりやすさはないと思います。でも、人が狂った世界でいきていくことのくだらなさだったり、そのバランスはたやすく崩れるという批評性みたいなものも含めて、戯曲の持つ世界観にも目を向けてくれると良いかなと。どうにもアイドル頑張っているという評価の話だけが出てくるのは、勿体無い。