Electric Sheep

徒然なる日々の記録

サザンオールスターズ「おいしい葡萄の旅」ツアー at 東京ドーム

2015年5月26日、東京ドームの最終公演に行ってきました。
去年の年越しは参加しなかったので、以前の復活した夏の横浜のライブ以来です。
このところのライブはそういうイベント的な要素が強くて割と選曲も無難なというか、ヒット曲ですみたいなものが多かったので、ツアーはどうなるかなと。
最近サザンには、、というか桑田さんの立ち位置みたいなものが、アミューズの意向か本人の意思かはわかりませんが、どうも政治的、メッセージ性の強い曲を発表したりで正直昔からのファンとしては非常に危惧というか、気になっている部分でもあります。
実際、参加した結果は、、、、非常に安心する事ができた非常に楽しいライブでした。もちろん「ピースとハイライト」などの曲もアルバムに入っているので演奏はしましたが、、、「東京VICTORY」もそうですが、こういう曲はやっぱりテイスト違うなあって感じてしまうんですけどね。
セトリはあげませんが、とにかく一発目から懐かしさ全開の選曲。ここでまずうれしかった、、、でもノスタルジックで終わらずに、途中「葡萄」からの選曲も何というか、桑田さんの言葉遊びがうまくリズムに乗った曲を多く選んでくれたり、またストレートな歌もさりげなく心情が織り交ぜられたら歌なので、聴いていて心地よかったです。
途中、ギターなどの演奏を強く押し出した選曲も、昔のサザンのツアーから見られる演出。こういう部分が残っているのも良かったです。ベスト盤みたいな選曲ばかりでは飽きます。結構「Kamakura」からの選曲が多く、サザンがちょうどデジタルな部分を強く打ち出したというか、使い始めた時期の作品なのでそこも楽しかった。途中の「どくだみスパーク」は昔のシングルを知らないとわからない古参向けの演出でちょっとうれしかったです。
以前、Twitterでも書いたのですが、やっぱりサザンは「エロ」「夏」「海」「郷愁」「猥雑」みたいな部分を遊びを交えつつ、桑田佳祐が楽しんで作ればいいと思うのです。それをメンバーが楽しそうに演奏してファンがみんな喜べば十分だと思います。
変に政治色だったり、メッセージ性を入れても、サザンのカラーじゃあないし、実際「そういう意図はない」とか謝罪する場面が普通に出てしまう。本来のサザンは何が楽しまれてきて支持をされてきたのか忘れないで欲しいなと。忘れてはいないんだろうけど、でもそういう方向に舵を取ると違和感は少なからずあったりします。
「マンピーのGスポット」を歌えば盛り上がりサイコーのサザンで良いなあと。このバンドがこの長い年月支持されてきたのは、そういうくだらなさや切なさも全部飲み込んだ上で、桑田佳祐というクリエーターが楽しい世界を作ったからっていう部分をたぶん自分はこれからも楽しんでいくと思います。