Electric Sheep

徒然なる日々の記録

NHKドラマ「64」#1

ようやく第一話を見ることができました。いや、非常に緊張感のある愉しいドラマでした。こういう作品を見ることができるのは嬉しい限りです。
原作はすでに読んでいて、単行本は分厚くて正直どうしようと思っていたのですが、、、タイミングよくブクログさんがクーポン券を配っていたので、ソニーReaderのコンテンツで購入して読みました。
最初ドラマ化を聞いた時、誰がやるのか?って気になりましたが、ピエール瀧さんと知って、大喜び。多少セリフを噛みそうな気配がありますけど(笑)
でも非常に強い存在感を持っているので、ぴったりというか、映像化に当ってよい人選だったと思います。まあ、電気グルーヴでの瀧さんを思い出したらダメですが(笑)
映像化にあたって若干簡略化されたエピソードがある気もしますが、まあその辺りはあまり気にならずにドラマ内の進行に、ぐっと入り込んでいける雰囲気が十分にありました。
映像の雰囲気も良くて、回想シーンのコンテンツでちょっとざらついた感じが、映像に出ているのも良かったです。
他にも芸達者な役者が多く出ていて二回目以降が更に楽しみ。早速二回目を転送しなくちゃ。
原作は読み返したいのですが、ちょっと我慢しようと思います。

64(ロクヨン)

64(ロクヨン)