読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

今更ながら「宮本武蔵」の感想

やっぱりというか、なんというか、、、、おそらくこういう素材に興味のある世代は、主役が木村拓哉だから、当然「バガボンド」とかを見ている人も多いと思うんですよ、、さらに年輩の方なら吉川英治の原作や、NHK役所広司のドラマとね、、、比較されるのはわかった上でどれだけ作り上げるかって言うのはハードルが高かったと思います。
多少なりとも割り引いて考えたとしても、このドラマはあれだけの尺(前後編)を使ったにもかかわらずひどい内容でした。やはり木村拓哉は最後までキムタクっていうのは、ドラマではいつもの通りですが、配役でいえば、ユースケもユースケのままだし、、、、お通の真木よう子は正直かなりがっかりです。まともにセリフ言えないのかよ、殆んど噛みそうなくらい言葉が出てなくて、何やってんのという感じ。気持ち悪いロン毛のエロ男爵と、吉岡清十郎の区別は似たようなキャラクターにするは、吉岡弟の出番はひどいわ、、、とまあ、バガボンド比較目線で見ると、きりがないのですが。
一番のまずさは「武蔵とお通の恋愛に必然が感じられない」ですかね。幼馴染でないと、恋愛の設定が成立しないところをむりくり「知らない人」に変える必要があったのか、、、だからお通がいくらお慕い申し上げますといっても、なんで?という疑問しかわかない。そこがこのドラマの引っかかりのはじまりで、最後までここがストーリーに移入しにくい発端になります。
だから、余計にほかの演出も粗が目立って、宝蔵院の話も吉岡の話も結局、場面を中途半端に切り取って終わるだけ。あとは中途半端に武蔵の苦悩みたいなものを盛り込む割には、武蔵が本当に苦しんでいる感じがまるでない、、、描写はあるけど、悩んでいる様子がまるで伝わらないのは何故なんでしょう、、、、で最後の巌流島、、、木刀が全く小次郎の頭に届いていない映像がはっきり映っているのに、小次郎倒れる(笑)。もう、どうすればいいのでしょうか、、、
こうやって書きながらどこがいいところだったのか?を必死になって考えているのですが、、、おばばが死なずに又八と一緒に帰ったことくらいか、、、バガボンド見るとあそこ哀しいですからね。配役で唯一成功と言えるのは、高岡早紀のお甲さん、これは良かったです。中谷美紀さんは出てくれたことはうれしいのですが、出すためだけの役だったのが残念です。
はあ、、これ見る時間、ほかに使えばよかったかな、という作品はもっと減らしてください、制作のみなさん。