読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

「Nのために」を見る

TV

連ドラはこちらも見始めています。

湊かなえ原作というということで、最初ドラマの設定を見たときに、正直無茶すぎって思ったのですが、、、あの光石研の芝居で全部ありだと思いました。それくらい、婿養子が、開き直って家族を追い出して愛人と好き勝手に暮らすという、一見無茶な設定がありそうと思わせる演技だったと思います。出張から帰ってきたあとの、あの笑顔で追い出すときのセリフ、、、、ああいう別の感覚に入った感じが演技で出せるって、、、役者はすごい。

ストーリーは、今のところ気持ちよく、謎の部分に引っ張られている感じです。ちょっと、少年期からの隠ぺいっていうのは「白夜行」っぽい感じもしますが、でもまったく別物なので。

榮倉さんは、高校生が演じられる年齢なのか?って思ってみていても、違和感がないですね。窪田くんも、さすが。やはり芸達者が主役をやると、話も締まります。もちろん三浦友和も。

ミステリー的な要素は、最終回まで引っ張るのかな?そうすると、また別の犯罪が起こらないと、謎解きだけで進められるのかな?、、、そうか上京後の二人を描けばいいのか。

この作品も楽しめそうです。