読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

J-POPの先駆け

先日、買った本がすごく楽しくて、もったいないのでちょっとずつ読んでいます。

 

 俗にいう「渋谷系」から始まるJ-POPにおけるムーブメントの中心にいたアーティストへの当時の記事の再録が中心になりますが、まとめた「Music Magazine」の増刊号です。

ページ数も結構ありますが、とにかく中身が濃い。コーネリアス小沢健二の特集とか、当時のFlipper's Guitarファンとしては大喜びです。ここで紹介されているCDなんかもうれしいものばかりで、聞き返したくなります。「渋谷系」ってある種のファッションでしたけど、でも今聞いても音楽的な作りこみは、一時期のブラックミュージック系統偏重から、フレンチとかワールドミュージック的な音の混ざり方になって、すごく新鮮でしたし、決して「消費」だけされて終わりというものではないんじゃないかと、自分は思っていたりします。まあ、自分がそれをすごく楽しんだって言うのもありますけど。

この特集はPart2も出るらしいので、それも楽しみ。