読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

短編の楽しさ

book

 

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)

 

 

 

ダブル・ジョーカー (角川文庫)

ダブル・ジョーカー (角川文庫)

 

 

 

パラダイス・ロスト (角川文庫)

パラダイス・ロスト (角川文庫)

 

 この「D機関」のシリーズが非常に大好きで、なんとなく手にとって、読み返すことが多い。本棚からさっと引っ張り出して、開いたところのエピソードを読む。昔それは星新一さんや、鮎川哲也さんの本で良くやっていた。まあ、今でもこのお二人の作品は読みますが。

柳さんは、基本的に短編小説のうまさにいつも舌を巻く。

 

キング&クイーン (講談社文庫)

キング&クイーン (講談社文庫)

 

 この作品を読んだときに、なんとなく物足りなさがあって、つまらなくはないけど、ミスディレクションが正直機能的に働いている感じがしなかった。

でも前述の「D機関」シリーズでは、登場人物がある瞬間、ある事に気がつくことによって見えてきた世界が変化していく様子が、読んでいる自分にグッと迫ってくる感じがものすごく強い。そこからのラストまでの畳みかけは、ページをめくる楽しさっていう言葉がピタッとはまる気がします。

こういう鮮やかさなストーリー展開は、やっぱり短編ならではだと思うし、長編と違って、一気に結末まで持っていく流れのうまさは、やはり短編作家なのかなというのが自分の感想です。もっと他に長編を読めばまた印象がかわるのかなと思い、

 

トーキョー・プリズン (角川文庫)

トーキョー・プリズン (角川文庫)

 

 は買っていて、このあと読もうかなと思っています。