読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

乃木坂46「真夏の全国ツアー」at神宮球場

girl music

直前まで仕事の都合含めて迷っていたのですが、休みも決まり、Twitter上での地方公演の盛り上がりを考えると、行かないと後悔しそうだな、、、、と思って直前でチケットを確保しました。

追加席でしたが、三塁側のレフトポール近くで、でも比較的ステージは見えたので、直前で確保した割には納得できる座席でした。モニターもあったので、推しである若月さんを見るのは十分。

直前の予報が雨だったので、こちらが心配でしたが(特に若様とまいやんが雨女、、、)、これも当日は無事に晴れ間が見えて、充実した野外ライブになりました。

セトリは

乃木坂46ツアー千秋楽に新センター生田光臨 - 音楽ナタリー

で。

アイドルのコンサートは、久々(Perfumeはアイドル枠ではないので)。正直、そういう状況を考えると、推しの子を見るという部分での楽しみであって、コンサートという枠で考えるといろいろ考える部分はありました。

ただそれでも、昨日のライブでの「旧overture」からの「何度目の青空か?」で生田さんが復活するシーンは、本当にぐっと来るものがあって、背中がぞくっとしました。さらに後半の「制服のマネキン」本編最後の「君の名は希望」での花火含めて、そういう演出や構成の稚拙さを越えて素晴らしい瞬間を体感できたと思います。

周りのお客さんが好きなアイドルグループと一体感を作って、会場の雰囲気を作るという意味がよくわかった気がします。確かにはまる人がたくさん出るの、わかる気がします。充実感満載ですからね。

稚拙というのは、たとえばメンバーが立ち位置や振りを間違えるシーンが目立ったこと。Perfumeならありえない。それから映像系のミス。スイッチャーがミスする場面が多く、切り替えのタイミングと立ち位置があっていないとか、顔を抜くタイミングが全然だめとか、そのあたりは正直ひどかった。カメラさんの位置取りも悪かったですけどね。思いきり柱が立っているところをフレームインさせて、どうするの?みたいな。セトリが地方公演と違うって言うのもあると思いますが、それにしてもお粗末かな。立ち位置や振りのミスも集団だから、大きく目立ってないということは絶対にないので、反省してほしい(畠中さんですね、目立ったのは)。

キャプが「もっと大きい場所で」と言っているので、おそらく東京ドームなんだと思いますが、、、、正直動員数はどうにかなるだろうけど、このままの演出レベルと内容だと厳しいです。たとえばメンバーの中で大会場を意識したメリハリのある動きを一番できていたのは、生駒さん。あのくらいの高い意識を持ってほしいなあと思います。ダンスの基本の「動き出しと止める」がびしっとはまっていた人が少ない。あとは大きい会場だと、やはり映像の力は大事で、それが今回みたいな感じだと、がっかりです。あと、モーションキャプチャー、はっきり言ってうまくなかった。あれならやらない方がいいレベル。やるならもっとシャープに動く人で使うべき。大きい会場でやるなら、そういうことをきちんとしていかないと、ダメでしょう。

昨日のライブで評価したいのは、まずは生駒さん。留学して彼女は良かったと思います。どういう動きとかしなきゃいけないのか?ってことをすごく考えているのがわかります。みんな、見習うべきだよ。あとはまりっか。アンダー曲での立ち振る舞いの凛々しさが良い。あとはカメラで抜かれた時の表情の良さ。アンダーのセンターにふさわしい存在感でした。

我が推しの若月さんは、いつもながらのイケメンぶりなので、なにもありません。綺麗でした。

すごくうれしいライブでしたが、その分いろいろ気になるところも出てきました。ライブはそれなりにいろいろな人のものを見てきているので、つい比べてしまいます。完成度の高さを競ったら負けるから、ただ変えられるところはいっぱいあるし、そういう部分を変えていくことで、ファンがより喜ぶという意識を持ちづけてほしいなあと考えます。