読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

アジア五カ国対抗(A5N)2014」第4戦 日本代表対香港代表

Rugby

 

f:id:unimasa:20140525231924j:plain

f:id:unimasa:20140525231944j:plain

f:id:unimasa:20140525232003j:plain

f:id:unimasa:20140525232120j:plain

f:id:unimasa:20140525232218j:plain

f:id:unimasa:20140525232242j:plain

f:id:unimasa:20140525232312j:plain

日本代表49-8香港代表

点数的には完勝ですが、内容としてはさほど評価はしたくないというのが、今日の印象。

香港の個々のDF能力に思った以上に押されて、ボールに対する集中が今一つなのか、ノックオンというかハンドリングミスの修正が最後までできていなかった。先に前を見て、相手をかわそうとする動きが意図されていたからかもしれませんけど。ただ、縦に突破しに行って落として終わりは、代表チームとしてどうなんでしょうと思います。

もっとワイドに展開すれば、相手のDFを分散できたと思うのですが、FWに外国人4人入っていることもあって、割と密集での突破を続けていた気がします。でもトライの場面は藤田を使ってだったりなので、まあアジャストは考えていたんだと思います。FWに関しては、ドライビングモールも機能したので一応評価できるかと。ただ、日和佐が入って、あのテンポじゃあ、正直不満です。

あと、レフェリーが今日はひどかった。密集とモールでの反則はちゃんと取りましょうよ。香港の5番のポジションが見えないのかよといいたくなった。リスタートもあそこまでコントロールしたがる理由が不明。あれも試合のテンポがグダグダ気味になる理由だったと思います。

トンプソンルークはいい仕事をしていました。あとは立川も良かったですね。展開した時にきちんとサポートに行く姿勢が多かったので、さらにチーム全体の動きを磨いてほしいと思います。

今日の結果でワールドカップは決まりましたが、プール組みわけが「南アフリカサモアスコットランド、アメリカ」と同じグループです。アメリカ以外は正直厳しいか、、、もっともアメリカだって確勝とはいい難い。サイズのあるチームに今日のテンポだとダメでしょう。

五郎丸のキックは計算できる、藤田と山田の走力もある程度は通用する、DFは微妙ですが、、、あとは80分大型のチームにスタミナが持つかどうかになるので、今後の強化試合で底上げを期待します。