読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

「独身貴族」最終回

思ったよりは楽しかった作品。
ストーリーもなんとなく、映画的な要素をどことなくちりばめながら、反発しあう二人が惹かれていくっていう、ある種ひねりのない話をきちんとまとめました。多分、ストーリーの起伏自体はごく普通の話だと思います。
もったいないなあと思うのは、「8月のボレロ」をもっと活かせばいいのにという感じだったこと。作中の恋愛と脚本の恋愛がリンクするような展開ならもっと面白い。映画を作る会社の人が、その恋愛を進めるという入れ子の構造があれば、脚本家の変化もいろいろわかりやすくなったと思うんだけど。
役者はそれなりに揃っていて、とくに蓮佛美沙子さんはいいキャストでした。彼女のソフトなかわいらしさと嫉妬の感じがいい意味でバランスが取れた役だったと思います。
SMAP主演のドラマが二本あって、どちらが楽しめたかといえば、正直「独身貴族」だった気もします。