読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

読書中のもの

図書館で借りてきて、今通勤中に読んでいるものです。ドラマの消化もしなければいけないので、結構大変。今は講習中なので、朝が早く、電車は座れるとつい寝てしまうからなあ、、、

トラップ・ハウス

トラップ・ハウス

この作家さんのを二冊借りました。で、この作品の出来栄えですが、基本密室での推理展開は、自分の中で「そして扉が閉ざされた」が一番だと思っているので、どうしてもこの作品との比較になってしまいます。作者の仕掛けたトリックには、正直気がつきませんでした。そういう意味での驚きは充分に楽しめました。あえて言えば、動機やその動機に至るまでの設定にやや問題というか、強引すぎるかなという感想はあります。しかし、所々で作者が作る追い込み方は、なかなか緊迫感のあるものでしたし、トレーラーハウスという設定も楽しいものでした。非常に読みやすい文体なので、一気に読み進めることができました。
個人的に「扉」が好きなのは、会話から推理描写で、登場人物の心理が追い込まれていくので、罠での怪我などが追い込みの材料でないところでしょうか。岡嶋さんらしい作品です。