Electric Sheep

徒然なる日々の記録

「式の前日」


今更ながらで、申し訳ないが読んでみました。正直、アマゾンなどのレビューはやや辛口な部分もありましたが、個人的にはお勧めしたい一冊です。
この本の批評を見ると、サプライズ的な要素とか、ネタ切れ感みたいなコメントが目立ちますが、でも実際「あずさ2号で再会」とか読んでいたら、それだけでぐっと来るんですよ。それは自分が普通に家族を持っていてとかそういうべたな設定に弱いっていうのも、間違いなくありますけどね。
この作品集は、普通にその場面や出来事での感情の動きを味わっていればいいんじゃないのかな?変に評論するんじゃなくて。そういう論じる作品はほかにもたくさんあるし、そういうのって長編のものに任せればよいかと。こういう世界を漫画という形態で描いていることを楽しみたいと思います(山田太一の異人たちの夏を思い出した、、、、)。