読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

三谷幸喜「おのれナポレオン」at池袋・東京芸術劇場

今日はプレビュー公演後なので、ほぼ初日に近いというか出来立てほやほやを見た感じです。
芸術劇場では今、KERAさんの「ゴドー」も大倉さんでやっているので、贅沢な劇場です。最近の演目は野田さんが劇場監督ということもあってか、自分がバイトをしていた時代とは違って、かなり充実してると思います。うらやましいw
正直、まだ日数が浅いからか、いろいろあります。今日の出来では、、、という部分も否めませんが、とりあえず感想を書きます(畳みます)。
ミステリー仕立ての作品は三谷さんでは久々。最近は群像劇は多くても、結末に向けての落とし所がっていうストーリーは、個人的には「出口なし!」「マトリョーシカ」以来という感じがします。今回はナポレオンの死についての秘密を探るということで、最期の時にナポレオンの周りにいた人物たちに、その死に疑問を持った人物がインタビューする形式で話を進めていきます。
とにかく、主演というかナポレオンを演じる野田秀樹の自由奔放さを含めた怪演ぶりは見事。出落ちする役者は久々にみましたよ、あの登場でまず笑える。さらにその後の野田さん独特の少年のような声と、オトナの怖さのある声をうまく使い分け、さらにナポレオンという人物の、軽さも深さもその一瞬で見せるうまさはさすがだと思います。三谷さんは、わかっているんでしょうね、、、、いや、人に演出される野田さんのここまでの動きを見たのは初めてな気がします。普段の野田マップでは、やっぱりおばあさん役とか押さえるポジションが多いので。これはもう一回みたい。別の演出家の方もやってくれないかな、、、
ほかの競演陣も多彩で、天海さん、内野さん、山本さん、今井さん、浅利君とそれぞれ愛人、捕虜監視の提督、裏のある重鎮、専属医、付き人とそれぞれの役割をしっかりと演じ、同時に結末に向かっての、ポジションも含めてそのキャラクターをしっかりと見せています。
天海さんの愛人役は、ついこの間「女信長」があっただけに不思議な感じはしますが、やっぱりこの方は舞台にたつと、その姿が映えます。山本耕史さんは、もうすっかりおなじみな感じがしますが、舞台での声の出方が個人的にはとても好きです。今井さんの医者もちょっといい加減そうな感じがなんとなくするのがいい。浅利君の付き人はまさにベスト。走り回る元気な50代野田さん相手に、うまく立ち回っていました。内野さんは存在感たっぷりで、非常によいのですが、今日みた芝居に関しては、数回咬んでしまったのが残念。たしかに日が浅いので仕方ないですが、、、、全体的に若干どの役者さんも動きが固めだった気がします。もう少しこなれた時にいくと、印象はまた違うかもしれません。
しかし、それを上回る楽しいストーリー展開と、野田さんの奔放さ。今回もラストに向けての集約はなかなかのものでした。ミステリーとまではいきませんが、舞台での出来事を追いかけていくと、そうなのか、、、と思わせる部分がいくつも出てきます。目新しさは感じにくいラストかもしれませんが、舞台のエンディングとしては十分です。
演奏お二人(高良さん、芳垣さん)の音もなかなか絶妙。以前「なにわバタフライ」の時に思いましたが、三谷さんはこういう演出というか使い方が本当にうまいと思います。しつこくないし、テンポがいいので。
ある意味、非常にわかりやすい芝居です。でもこういうのを見ると、約二時間本当に没頭できる楽しさを実感できたなあと思います。本当にまたこなれた時期にいきたいな、、、