読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

早稲田大学対明治大学(TV観戦)

Rugby

今日は仕事だったので、家に戻ってきてからTVでの観戦でした。Twitterなどもすべて遮断して万全を期してみましたが、試合内容に関するポイントはさておき、、、、
明治大学33-32早稲田大学
このロスタイムでの勝利にTV前で叫び、涙がちょっとだけ流れた自分w
いや、本当に長かった、、、大学選手権で法政に準決勝で敗れて、関東学院大学にも完敗して、、、というところから始まった14年間の苦しみ。北島監督が亡くなり、HCの金銭トラブル、藤田HCの残念な指導(まあ、気持ちはわかるのですが、技術がね、、、)と来て、個人的には早いと思いましたが、吉田HCの就任4年目でのひとまずの結果ですから、素直に喜びたいと思います。3校同時優勝ですが、それもまたラグビーですから。
試合の流れとしては、前半20分くらいまでは明治のBKが効果的な突破を見せて、3トライ。早稲田は前半押され気味でしたが、ボールに対する働きかけのアクションが早くなってからは、エリアマネジメント・ブレイクダウンの各局面で明治を圧倒し始めました。帝京戦もそうでしたが、負けてはいてもそんなに力の差は感じないチームだったと思います。
むしろ、後半30分までは正直明治はもっと点数が取られていてもおかしくなかった。今年のFWは運動量があまり落ちないせいか、なんとかDFは踏ん張っていましたが、それでも早稲田の縦に入ってくるスピードとOFにはかなりペネトレイトされていました。タックルも前には出るんですが、仕留められないケースが明治には多くて、とくに後半の二つのトライは、早稲田BKのうまさを見せつけられた気がします。あの12番の内・外のステップはうまかったなあ、、、
レフェリングも若干、早稲田に有利な判定が多く出ていた(というか明治が押され気味なので、仕方ない)ので、目地が流れをつかむのはかなり厳しいなあと、後半を見ていました。
認定トライに関しては、ちょっと厳しいかな?というのが印象。意図的な崩しだったりというスクラムでもなかっただけに、ちょっと微妙な気はします。
早稲田・後藤監督の「蹴りださせればよかった」は昔明治が蹴りださずに、逆転トライをくらって負けたことを思い出します。時間を使うことを意識するあまり、難しさが出てしまうんですね、、、、明治のラストプレイもノックオンでもおかしくはありませんでした。明治はスクラムは少し整理しないと。
まあ、指摘する点はいくつもありますが、勝つということが実感できる状況が今の明治には必要であると思います。内容は早稲田に対する指摘よりも、明治にどうしても辛くなった評価になりそうですが、とにかくうれしい優勝でした。