Electric Sheep

徒然なる日々の記録

「鍵のかかった部屋」最終回

うまく収めたなという印象。うまくいった要因は大野君の起用かなと思っています。大野君の無個性さがこのキャラクターにはまった。もともと無表情な時の感情が読みにくい印象が強いので、それだけにこの本来は泥棒という設定の榎本役は良かったかなと。逆に佐藤浩市さんのポジションは、正直最後まで少し苦労した感じが否めなかった。役者さんがダメではなくて、結局戸田さんと位置づけが多少かぶるので、どうしても進行役みたいな部分が中途半端になってしまった。それは戸田さん側も同じで、ブッキングありきのフジテレビの手法だから、まあ仕方ないけど。これは編成の問題で脚本や演出のせいにはあんまりしたくない気もする。
毎回のドラマとしては、楽しんでみることができました。最後の「硝子のハンマー」もいい終わらせ方だったと思います。違和感があったのは、社長の自宅の警備システムのあたりかな、、、榎本が容疑者→冤罪の展開で、会社にひきこもった云々の流れがありましたけど、もとをただすとなんで会社員という設定にしたのか、今一つな気もする。警備会社じゃなくて、普通に原作通り防犯コンサルタントの方が、最後海外に行くのも含めて、すっきりできた気もしますが。あとは玉木宏はキャラクター、作りすぎじゃないかな、、、あれはちょっと演出家に問題。たたずまいが少し濃い人だから、雰囲気からアウトローっぽさを妙に作りこむのは、違和感だな、、、写真に写る光景もむしろ違和感ありすぎな結果だしw
多少の無理はあるにしても、それは最近のドラマでは良くあること。毎回のゲストも含めて、多少とんでもなトリックの回もありましたけど、それなりに合理性のある話で楽しめました。
本田翼さんはクールな表情の役はあってるね。