Electric Sheep

徒然なる日々の記録

日本ダービー

今日のレースを観ていて思うのは、「福永はどれだけの馬を乗せたら、ダービー勝てるんだよ」ってことかな。ワールドエースに関しては、きちんと走らせれば、勝てる馬だと思います。今日の調教師のレース後のコメントもちょっとひどいと思ったけど。「もっとしっかり仕上げればよかった」って。このレースのために馬を作るんじゃないのか?そう考えると、ヒストリカルも正直調教失敗も含めて、出すべきじゃないし、あの馬関連の馬券を考えると、この馬の関係者は猛省すべきと思う。
勝った岩田騎手には、素直におめでとうと言いたい。正直NHKマイルカップの騎乗は今でもいただけないと思う。けがをさせた後藤騎手が復帰できていないということを考えても、岩田騎手には猛省してほしい。でも今日の騎乗は別で、ディープブリランテが勝つにはあれしかないというレースをきっちりした。追い込み馬の状況や、前にいる馬の様子を含めて、これしかないというタイミングで追い出して、リードを直線で取り、最後フェノーメノの猛追をしのいだ騎乗は、誉めるべきものだと思う。岩田騎手のアクションに馬もよく応えて、走ったと思う。菊花賞は厳しいとは思うけど、秋の天皇賞などに出ても、いい勝負になるなという気はする。
蛯名騎手は、、、、運がないとはいえ、良く走らせたと思います。こちらの方が菊花賞は期待できるかも知れません。届かなかったのは、多分岩田騎手の方が運が良かったのだと思います。
トーセンホマレボシはすごい馬のような気がしています。あのレースであのまま3着に残せるとは。按上のウィリアムズ騎手もいい騎乗。馬の脚も持続性が高いので、若干距離不安はありますが、前でレースができる強みもあるので、この馬も秋に大きいところが狙える気がします。そう考えると、アルフレードではなくこちらを選んだ理由もわかります。アルフレードは参加賞にもならなかった、、、、ユタカ、、、、、
4着、5着の二頭は牽制し合いすぎかな、、、もう少し早く追い出したらもっと違った結果でしょう。ゴールドシップは少し反応が悪く見えました。内田騎手が押しても動いていなかったように見えました。むしろ福永騎手はどうしたかったのかな、、、直線スパッと動いてくれなくて、遅れたとコメントがありましたが、返し馬などの感覚ではわからないか、、、、でも本当にこのダービーが最大のチャンスだったと思います。来年以降も社台グループがプッシュしてくれればいいけど。
ユタカは何やってたんだろう。手塚調教師の前目って話はなくなっていたのかな?どうもこの騎手にも、どうにかしたいという感じが、伝わらないというかあきらめているというか、、、なんか「このくらいかな?」みたいな空気が感じられることが多くなったかも。もっとも今の馬の質を考えると、もう以前のような活躍がないのは間違いないだけに、余計に物悲しい気はしますけど。
今年もお祭りは終わりました。ダービー馬と期待の高かったディサイファは今日の未勝利に出て、4着。まあ所詮、馬の期待なんて、最後はこの程度で、でもそういう馬が実際には何千頭もいるっていうのが、競馬なんだなと改めて思います。