Electric Sheep

徒然なる日々の記録

「鍵のかかった部屋」#3

今回は将棋の不正に関する話。
今回は密室のトリックというよりは最初から犯人は誰?の要素が強いままのストーリー展開。もっとも大袈裟すぎる密室トリックばかりでも飽きるので、これはこれでOK.
相武さんの犯人役は見慣れてきたな、、、主役というかヒロインポジションが結構短かったですね、彼女は。新しい主役級の人がどんどん出てきているというわけでもないのですが。ゴーリキーみたいなごり押しは別として。
佐藤浩市の出番がやけに少なかったですね、逆に戸田さんはちょっと弁護士としては思慮深さがなさすぎか、、、大野君が結局ストーリー展開の全てを担った感じになってしまっているので、脚本はもう少し弁護士二人が、それなりの見せ場というか、解決への役割分担に参加できるような仕組みが欲しい。狂言回しに近いキャラクター造形って、最近いろいろなドラマで見ている気がするので。