読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

「SPEC 天」を観てきた

Cinema

スペシャルドラマ版を観た流れとしては、続きが見たくてしょうがなかったけど、、、、実際に映画館で見ると、感想としては「やりすぎ」かな。まだ公開中の映画の話なので、気になる人はこの先は読まないでください。

初期のころのSPECホルダーの方が、結構リアリティがあって好きだったんですよ。上川さんの超人能力とか真野さんのサトリとか。コミカルさはあっても浮世離れしすぎていないから。怪しかったのは、当麻のSPEC辺りから微妙なんですが、、宅間さんの瞬間移動(結局あれは津田か、、、)や谷村さんのSPECあたりはちょっと鼻につく感じ。
で、今回の映画版でのチビノリダー浅野ゆう子さんのSPECは、、、正直勘弁。とくにチビノリダーのSPECはSPECじゃないだろ、あれは!って突っ込みたくなる。針状に刺すレベルはぎりぎりだけど、タコの腕はひどいな。C級ホラーでもあの演出というか設定はがっかりだよ。あれを見ちゃったので、いくらクローンだからとかいう設定が出てきても、なんか気持ちが乗りきれないままだった。しかもクローンはどうやって記憶を共有するんだよ、並列化か(タチコマじゃあるまいし)。結局当麻のSPECが何故死んでいないのか?とかいくつかの伏線要素を全部ほったらかしで、最後向井君につなげて終了か、、、ギャグっぽい演出って、笑ってもらえるかどうか紙一重なので、堤監督はそのあたりは計算した上であれだから困るんだよな、、、ドラマ版最終回の「刺し歯」飛ばしからすでにアウトだったけど。
最後の作戦も「二番煎じ」「おとり」と思いこませるという手法なのはわかるけど、、、、あれで瀬文が生きてるって、、、あれがSPECなのか?と言いたくなるファンが多いのもうなづける。
そういう世界観含めて楽しむ作品だろ!っていう批判はあるのは承知していますが、でも今回の設定は少々やりすぎだと思いますよ。浅野さんのフリーズドライも「寒い」「暑い」の両名というネタは予想できたとは言え、あまり面白くはなかったし。
同じ破天荒でも「ケイゾク」の整形・すり替え位で止めておくべきかと、、、、、続編はそれでも行きますけどね。見続けた世界観です、最後までしっかり追いかけるくらいの意思はちゃんと持って、文句はいいます。