読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

「鍵のかかった部屋」#2

今日は「ボイル・シャルルの法則」を使った密室トリック。理科の先生としては、まあ許容できるけど。実際、何回か大気圧の実験をやったことがありますけど、新聞紙一枚で割りばしを押さえて、指で折るとか、いろいろ出来ますからね。以外と侮れないぞ、空気w
一回目で話の大まかな流れや個々の登場人物の立ち位置が決まっていたので、見やすかったと思います。あとはずっとこのパターンを続けるのか、アレンジを入れるのかというところでしょうか。
今回は鼻っから、高嶋兄が犯人という空気がぷんぷんでしたけど、それをどうやって見せるかというときに、あの電動ドリルの下りは、ちょっとトリックのための道具になっていて、違和感あるのがすぐに出てしまったことが気になったくらいかな。見始めて、ドリルって?用意周到にもほどがあるって感じだったから、あそこは。まあでもそれだってひどい設定というほどではないので、全体的にはうまくまとめていたと思います。結局、佐藤浩市はああいう位置なのかな、、、先週はいいところ持っていったのに。次回は相武さんか、、、、彼女もすっかり可愛い子からそういう役になりつつあります。