読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

「リーガル・ハイ」#1

堺雅人のテンションはサイコーに切れていて、楽しい。多分、この上がりっぷりと最後にある「真実なんて、、、」というくだりでのキャラクターの魅力で、このドラマは成功じゃないかと思ってる。ガッキーが今はこうこうコメディエンヌが一番いいんだと思う。知的な雰囲気がないわけじゃないけど、やっぱりこういう子がどっか抜けているみたいな演出が対比もできて、面白かった。「無罪」の練習をしてもこけるというべたな演出でもやっぱりガッキーがやると、面白かったし。
周りのキャラクターもうまく配置されていて、生瀬-借金・小池ラインや執事・里見(実はこの人が一番すごいっていうのが、また面白い)など、どこをいじっても話ができそう。最後の犯人を逃がしたかどうかは、昔見た映画「真実の行方」を思い出した。こういう終わり方は非常に好きです。逆にこうした話にしたからこそ、最後の「真実なんて、、、」というセリフに意味が増してきたなと。
フジテレビはやっぱり少し頑張ってきているんだと思う。というか他局も含めてドラマ自体が少しずつだけど、いろいろ考えてくれているのかな。感想書いていなかったけど、長澤まさみの「都市伝説の女」もハチャメチャだけど、うまくまとめていたし。それだけに武井咲の「Wの悲劇」とか企画的に痛いのも出てきてしまうのが、何とも、、、、これはオスカーが悪いと思うけど。ゴーリキーの無理押しも含めて。