読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

「鍵のかかった部屋」#1

ようやく見ることができた。
チャックしたら「防犯探偵・榎本シリーズ」だったのか、じゃあストーリーは安心というか「ガリレオ」位の安定感は期待できるなあ、と思ってみたらやっぱり十分に楽しかった。
大野君は設定が変わっていたけど、まあその辺りは初回に関してはそんなに違和感はなかったし、感情を表に出さないタイプの役は結構あっている気がする。少なくとも今回の「密室の謎が解ければ、あとは興味がない」は、いい意味での榎本のドラマ内でのキャラクターを表わしていて良かったと思います。
戸田さんの青砥さんもいい味というか、最近の戸田さんの役どころの中では、かわいらしいし、まっすぐさは出ていたと思います。あっさり他殺説に考えが振られたりとドラマの進行上のやや苦しい思い込みさ加減はあるにせよ、大きなぶれがなくできていたと思います。
佐藤浩市さんのキャラはオリジナルですが、最後の場面でおいしくできているのは、まあ榎本のキャラとの組み合わせを考えればOKだと思います。やや類型的なキャラクター設定の弁護士でしたが、この役者さんを使っているからにはうまく回ってくるでしょう。
前回の「ラッキーセブン」もそうでしたが、恋愛ものから脱却する姿勢は良いと思います。今回は原作がしっかりしたものを選んでいるので、そういう意味ではストーリーの軸は大丈夫だと思います。過剰な演出とか無理な笑い(鍵が腕にはまっても、そのあとのいじりがゼロの戸田さんとか)、変に制作側が狙おうとしなければ、十分に楽しめるので、期待したいです。