Electric Sheep

徒然なる日々の記録

「最後から二番目の恋」最終回

このクールのMVPは個人的には中井貴一さんと言っても過言ではないくらい、安定感のある演技だったと思います。というか、日常感があそこまで出せる演技ってすごいなあと感心。年代的に等身大に近い部分がまた見ているこちらにも「ああーあんな感じ」って思わせるうまさだったのだと思います。小泉今日子さんもそうですが、掛け合いの間の上手さも含めて、楽しそうだなーと思いながら毎週を待っていました。坂口くんとの別れのシーンも、あえて台詞で見せずに進めたのは、非常によいシーンだったと思います。それだけに終わり方が難しいかなと想像していましたが、小泉今日子のナレーションも年代が近い自分にはじんわり来るものだったし、最後の二人の距離感もよかった。結局このドラマは最後まで嫌な人っていませんでしたね、そういうドラマがクールの中に一つはあっても良かったかなと。鎌倉の雰囲気も合わせて、穏やかでちょっとニヤッと笑えるドラマを楽しむことが出来ました。んー、やっぱりこのクールのフジテレビは頑張っていたな。