Electric Sheep

徒然なる日々の記録

「ストロベリーナイト」「ラッキーセブン」の感想

ソウルケイジ」の前篇でした。
話の内容としては、なかなか興味を引っ張る内容でした。最後の「高岡」ではないというくだりから、身代わりとして生きてきた人間の内に秘めたものみたいなところや、濱田岳の秘密などいろいろ見えてくることでしょう。しかし今回のポイントは菊田が姫川をホテル前で抱きしめたシーンが、視聴者的には「おおー」と思った瞬間でしょう。職業意識の高い二人なので、まあ進展することはないでしょうが、少しくらいはこういう部分を見せておかないと。ただ上司と部下だし、実際に姫川にあったことを考えると、このドラマにはその要素をそんなに強く出さなくても良いので、おかずとしてうまくアクセントになってくれるとうれしいかと。蓮佛美沙子さんも良く仕事しますね、、、というかCXは基本似たようなキャスティングが多いいということもあって、良く目にする気もします。そして池鉄、、、、キャラはやっぱり変わらないなw

  • 「ラッキーセブン」#8

仲里依紗さんの回でしたが、やっぱり瑛太くんがいないのは大きいな、、、単発のエピソードになんとか話をラストにつなげる演出を入れているんだけど、あんまりにも全容が見えにくいから、「何があるんだろう?」って感じ方になりにくいんだよな、、、、
仲里依紗さんは、こういうぶっきらぼうだけど、ちょっと優しいみたいな感じの役柄が比較的多くて、まさそのヤンキーっぽさも含めて売れているのですが、、、、昔のCMとかの時代からは想像もつかないキャラ変貌ですね。まあ、同じ位置にいる女優さんもいないので、しばらくはコンスタントに出演作が出るんじゃないかと思います。同様に入来さんもちょっとずつ露出が増えそうですが。しかし釈さんはどんどんすごいことになってきていますが、ここまで改造するとは、、、、結局「ワンダフル」の時が一番良かったということなんでしょう、、、