読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

ラッキーセブン

瑛太くんが舞台出演の関係でお休みになったことを受けての放送。正直、脚本が難しかったろうな、というのがよくわかるストーリーでした。内容を無理に進めるのも難しいし、かといって何も起こらないのも探偵社としておかしいし。結局過去を振り返りつつ、周辺のエピソードをオムニバスにまとめるという展開に。まとめ方が悪かったということではありませんでしたが、ちょっと個々のエピソードに関しては急ぎすぎたかな。とくにせっかく谷原さんを使っているのに、ファンのいやがらせっていう部分だけで終わらせてしまうのは、ちょっともったいなかったかも。あれだけでワンエピソード作れそうでしたし。もともと無理のある回だから仕方ないのですが。
役者同士の掛け合いはいいテンポで進められているので、その部分では楽しめているのですが、結局派手に風呂敷を広げた状態からストーリーが展開できないのは、ドラマとして厳しいところで、間の抜けた感じになってしまうのも、仕方ないという感じでしょうか。もう一人の主役が帰ってくるまで、ちょっと待ちたいかなというところです。