Electric Sheep

徒然なる日々の記録

「ストロベリーナイト」

このクールでのドラマはこの作品と「最後から二番目の恋」が個人的なお気に入り。このドラマは竹内結子西島秀俊の二人の存在感がとにかく良い。竹内結子のトラウマを抱えつつも事件に向かって、行動し推理する主人公のキャラクターは非常に良くできている。原作がしっかりしているのはもちろんのこと、ドラマ化するにあたってきっちりキャラクターを作りこんでいることが良いなと思っています。ほかの出演者も個性派がそろっていて、今日の放送のゲストも加藤あいという贅沢さ。で、彼女もしっかりと存在感を見せていましたし。今回の薬物汚染に関する復讐劇も推理上は読めてしまいますが、そこに小出君のトラウマが入ってくることで、話に広がりがあって良かったと思います。しかもあっさり克服にさせていないのがいいところ。きれいごとで終わることばかりではないですからね。適度な緊張感も保つことができるし、個人的にはかなり当たりだと思っています。