Electric Sheep

徒然なる日々の記録

トップリーグ最終節をtvkで見る

その日の秩父宮に行きたかったのですが、急遽出勤になったので、tvkの録画でみました。第一試合はサントリー神戸製鋼。とにかく秩父宮の芝生のひどさに唖然。ありゃないわ。このあとまだ試合が続くんですよね、、、19日に行く予定ですが、その時はもっとひどいだろうな。試合内容は神戸の圧力にサントリーが押し込まれながら何とか凌いだと言う印象。というか神戸はこういうチームに変わったんだなと実感。たしかに昔のようなオフェンスが通用する時代ではないのでブレイクダウンからどうやって展開するか?というラグビーをやらないと勝てませんし。それでも最後は押し込まれたところで逆転されて負けているところが現状の神戸の限界かな。7敗していることを考えるとこの試合でのパフォーマンスはかなり上出来だと思います。試合に対するモチベーションっていうのはあらためて大きいと思いました。
サントリーはすばやさは相変わらずでしたが、何回か神戸のディフェンスにきっちり止められたことで、動きが狂ったかな?相手のそういったDFにはまると膠着しやすいチームでもあるので、次のNEC戦はうまくボールが展開できるように修正できると良いですね。
第二試合は東芝パナソニックパナソニックのDFってこんなにゆるかったっけ?というのが印象。もう少し個々の強さできっちり止めていたと思うのですが。ランニングなどのパフォーマンスは悪くないのですが、組織的なDFという部分でのまとまりがやや緩い?ここ数年高いパフォーマンスを見せてきたので、転換期だとは思います。素材は多いので、軸になるペネトレイターが出来るといいですね。東芝はいいときの感じがすごくよく出ていたと思います。立って継続するという東芝ラグビーも出来ていましたし、個々の突破力もかなり高い。切り込める選手が多いのでDFがきっちりとしたチームでないと止めるのはたいへんかなと思います。
プレーオフはこの東芝パナソニックの再戦とNECサントリーと当たります。サントリーはオフェンスのパフォーマンスがそうあがるわけではないので、スクラムの立て直しとDFの機能があがるといいかなと思います。