読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

清水義範「迷宮」

ここ数日、読んでいました。初版は2002年です。本屋に最近平積みされていて、手軽そうで興味をひかれたので。

迷宮 (集英社文庫)

迷宮 (集英社文庫)

内容はある猟奇殺人の顛末を、手記やその事件を取材している作家の原稿を通じて探っていくという話です。ミステリーとも少し違いますが、その顛末の状況が読み進めていくうちにどんどん気になっていきます。「なぜその事件を起こしたのか?」は繰り返し犯人の口から語られていきますが、本当の事実は何なのか?読んでいくうちに疑問が生まれ、最後の一行で何とも言えない結末を迎える、、、、年末に読んだ一冊として、かなり濃密な作品を読むことができたなと思います。ただ、結末の後の余韻というとしては、評価は複雑。真実は闇の中、、、、、は作者の狙いでしょう。