読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

大学ラグビー「早稲田大学対明治大学」

Rugby

早稲田大学18-16明治大学
得点経過だけ追うと、すごく劇的な試合に思える感じがするが、実際に見応えを感じたのは前半の印象が強い。後半は明治のDFの脆さを観ていての試合だったので、最後も反則するかな?と思ったら、本当に出たよという感じ。
早稲田は慶應戦でのOFが効果的だった事を受けて、帝京戦の時のようなややスローテンポではなく、前半から展開する試合運び。明治はそのペースに呑まれて、最初20分はDF中心の試合運び。密集周辺は防御できていたと思うが、BKのDFは正直早稲田に比べて弱かったと思う。早稲田は横の動きを織り交ぜて、タックルのタイミングを微妙にずらしたり、少しでも前に出る動きがあるのでエリアをとる場面が続いた。結果的にこの動きは前半途中で少しずつ明治がアジャストするので、キックを織り交ぜる動きも入って来るが。
明治は前半途中からペネトレイトする場面が幾つか出てきて、そこから前半リードの場面が出来上がったと思う。特に最初のトライをとったシーンでの一連の流れは観ていて非常に気持ち良かった。良い流れだなーと思いながら、気がつけば前半終了っていう感じだったので。前半ラストも得点できそうな流れでしたが、あれは仕方ないか。FWの突破、BKの展開、最後はモールから飛び込んでと、うまかったなと思いながら見ていました。
問題はというか結局BKのDFが今一つな所が、後半のトライと自陣での試合を許す事になりますが、それでも2トライに抑えたと評価するのかどうかは主観でしょうが、、、自分はやっぱりDFの甘さは出ていたと思います。少なくとも早稲田は、入ってくる明治のボールキャリアに対して、ダブルチームで対応するなど対応策をしっかり取ってボール出しを遅らせたり、争奪戦で勝つなどのシーンを演出していますが、明治にはあまり見受けられませんでした。面で守るといいながら、1on1の場面があるとタックルミスも多かったし、当たり負けもいくつかありました。しかもそのミスがトライにつながるなど厳しい部分があったと自分は思っています。特に12番、明治の主将溝口は2回大きな当たり負けがあって、失点につながっています。コースを消すなら消すでそれをきっちりやれば良いのですが、肝心の場面で負けていてはその積み重ねも消えてしまうのが勝敗です。正直、国立で見ていてそれが現れてしまいました。
早稲田はきっちり慶應戦からのいいリズムを持続したと思います。試合運びがうまいなと。去年からのレギュラーも決して多いわけでは無いのに、突破力のある選手を効果的に使ってチャンスをモノにしていました。しかし、帝京に通用するのかは、正直ちょっとわかりませんが。それは正月までのお楽しみですね。
最後のペナルティというか昨日のレフリーの下井さんは正直もうちょっとどうにかならないかなw あれ?違うの?という取るか取らないのかの場面が目に付き過ぎ。まあ、今に始まった事では無いのですがw
ただ、明治ファンからすると去年よりはずっと試合になっていたと思います。去年の早明戦はもっと明治は必死でしたが、正直ただガムシャラに戦った結果接戦だったという印象しかありません。今年の方が試合をコントロールするという意味では、狙いをきちんと出せたという印象が強く残ります。これだったら早稲田と再戦するチャンスがあった時に、去年の正月のような悲惨な状況は回避できるかと。そのくらいのところまでは戻ってきたと思っています。
早稲田は、帝京に対して勝てる試合かどうかがポイントで、相手のスローダウンなテンポにはまったら、秩父宮での試合と同じ結果になるでしょう。どうするのか、今日の抽選会の結果も含めて、楽しい組み合わせになる事を期待します。
Powered by iPhone