Electric Sheep

徒然なる日々の記録

「家政婦のミタ」#3

結局、相方の希望に負けて見てしまったw
子供たちも父親もどっちもダメだから、まあこれはこれでいいかと思えてきた。とくに長谷川博己のダメっぷりは何がすごいって、本当にこの人はそんな感じがするっていうけだるさとか、心が逃げる目の動きとかできるところだと思っています。少なくとも「セカンド・バージン」のときのできる男風の演技より数倍いいと思います。「鈴木先生」とはいい勝負かな?
だからああいう「覚悟のできない男」っていう感じはすごく伝わってくるし、見ているとイタイですよね、男性にしてみるとw このあと家族の再生と同時に三田さんの再生も行われるんだと思いますが、結構要素を早い段階でバンバン使っているので(自殺とかミタさんの過去への入り口)、どうやって続けるのかと思ったら「誘拐」か。狂言とは思いますが、それが家族の再生の第一歩なんでしょうね。個人的には土居亜紀が出ていることを喜んでいますw