Electric Sheep

徒然なる日々の記録

「専業主婦探偵〜私はシャドウ」#1

深田恭子の主婦のキャラクターになれれば、それなりに楽しめる作品かもと思っています。序盤の芹菜はやっぱりきついですよね、どう見ても。そこからの変化という意味で、後半動いたのはそれなりに観ていられたし、武文の設定にもきちんと色付けがされていたので、良かったと思います。ただ冷めた夫婦愛だと、単に芹菜が悪いんじゃんで片が付いてしまいますし。小日向さんは今回は悪役というか、そういう感じなのかっていうのもそれはそれで、うまく伏線が張れていて、最後芹菜が調査する案件に父親が絡むみたいな部分が出てくると、面白いかな。序盤の天丼を投げちゃうとか、極端な芹菜の演出が徐々に回数が進んでいくといろいろ変わるでしょうから、武文の行動のストーリーの展開と合わせて見ていけば、見続けられそう。でもこの役は深田恭子は適役でした。桐谷さんはちょっと一本調子なセリフのの感じがちょっともったいない。もう少しいろいろ出来るんじゃないかと思うのですが、話し方の問題もあるからな、、、、古田新太は今回は抑え気味ですけど、どこかできっと何かしてくれるはずw。Perfumeの主題歌は昨日「LOCKS!」で聴きましたけど、こういうミドルテンポもいいですね。毎回必ずっていうところまで気持ちが上がった感じはないけど、後半動きだしてからは楽しく見ることができたドラマでした。