読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

凱旋門賞雑感

horse

斤量差があるにせよ、中段のあの位置から脚を伸ばしてさらに差し切るというのは、やっぱり凄い芸当。そういう馬が世界中にはいっぱいいるということか。勝ったデインドリームはもともと秋華賞に登録していたというのが面白い。帯同馬の関係で秋華賞はキャンセルしたが、もっと凄いタイトルを手にしたわけだし。しかも半分権利が社台、、、、気持ち悪いな、相変わらずw
ヒルノダムールナカヤマフェスタは10着、11着。ヒルノはあの位置でレースを進めて、最後伸びずに勝てないのだから、完全な力負け。騎乗も悪くないし、よくやったと思います。ナカヤマは本来先行したい馬が後方二頭目にいた時点で終了でしたね。切れる脚があるわけでもないので。まあ前目につけないのも競馬です。去年のヴィクトワールピサも同じような状況だったし。