Electric Sheep

徒然なる日々の記録

今更ながらの「イデオン」を見る


本放送当時は、正直がっつりとみた印象は薄くて、たしか打ち切りだったよな、、、くらいに思っていました。あとで映画が公開される話のときに、ラストが悲惨というのは情報を仕入れていて、なんとなく敬遠する感じで見ていませんでした。でも冷静に考えてみると、「聖戦士ダンバイン」とかも普通に見ていて、あれだってラストは全然ハッピーじゃないしって感じでしたね。
たまたま借りてみることができる機会があったので、「接触篇」「発動篇」を続けてみました。早く見ておけばよかったですね、今の年代で見ても面白い要素が満載。確かにハッピーエンドでは全くないけど、冨野のおっさんwが描いていた「人の業の深さ」みたいなものから始まるこの戦争の顛末は、とにかく見入りました。本放送が1982年にこの世界観とストーリー性か、、正直「エヴァンゲリオン」の比ではないと思うけど。このころのサンライズ作品のクオリティの高さはやっぱり凄いな。「ダンバイン」しかり「エルガイム」や、そもそものロボットシリーズの「ザンボット3」からして、すでに素晴らしいストーリーだと思う。少年期にこういう作品を十分に楽しむことができたことは、ありがたい限りです。さて、次はダンバインをみたいのだが、、、、OVA版は昔VHSで所有していたけど、もちろんのこと消滅。あのOVA版にあった「総集編」がみたいんだよな、、、あれ結構うまくまとまっていたから。