Electric Sheep

徒然なる日々の記録

ドラマ「最後の晩餐」

番宣の時から楽しみだったので、仕事から帰ってきて一気にみました。
犯人の成宮君は比較的早くわかりますが、メンバーを集めた理由についてはよく考えたかなと思います。多少無茶な理由はありますが、個々のメンバー間のつながりを見せないという努力は、脚本の井上先生が頑張ったと思います。完全オリジナルということみたいですから、最近の原作ありきの風潮とは違っていることを評価したいと思います。むしろエピソードとして斎藤由貴とARATAの部分がどうつながっていくのか楽しみです。そのことからも最後の三浦春馬くんは次の連続ドラマ化への布石ということで、いい興味の持たせ方をしましたね。きっと見てしまうと思います。若干、ご都合主義な部分(いきなり招待されたお店に、被害者たちが行くとか)はあるにせよ、佐藤浩市さんの演技力もあって十分に楽しめた作品でした。