Electric Sheep

徒然なる日々の記録

結局、元の4.1のまま、、、

先日、FWをiOS4.2.1にすると日記に書きましたが、結局失敗でした。まず脱獄環境からいったんノーマルの4.2.1環境にしようとすると、失敗。FWを読みに行きますが、最後のshsh認証でこけて、エラー(1003)とかを吐きます。ググってみると「System32」の中をさらに深く探していくと(System32>drivers>etc)出てくる「hosts」ファイルの書き換えでいけるということだったのですが、それもアウト。考えてみたらTinyUmbrellaでshsh保存をかけたのはFW4.1だけだからいけないのか?とか思ったり、いや今はUmbrellaを偽装サーバーにすればOKじゃなかったっけ?とか思いながら、うだうだ何回も復元しているうちに面倒になってきて「元の環境でいいや」ということで、あっさり方針を捨てて元のFW4.1に普通にダウングレードして終了。脱獄環境も元に戻して終わりにしました。
一部のアプリが4.2とか4.3以上とかあるのが使えないのは残念ですが、まあ4.3.1の環境でFW偽造をしなくても、アプリが動くようになればいいので、それまでもう少し待とうと思います。普通のアプリはiTunesで復元でいいのですが、cydiaアプリは「BACKToDeb」というアプリを使って、入れなおしています。repoとかは「Appinfo」でGmailに送っておいたリストを基に入れなおしました。本当は「PkgBackup」を使うというのもあるんでしょうけど、ちょっと高いな。「BackToDeb」は結構便利。Debファイルを保存してくれるのは助かります。ということで、結構頑張ったのですが、4.1から4.2.1にあげられないというスキルのなさを露呈した今回の作業でした。iTunesのVer.を下げればいけたのかな、、、しかしそこまでする気力がなかったよ、、、。