読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

この間のトップリーグ最終節

Rugby

4強の激突というコトで、「ろくでなし啄木」の前に行ってきました。
まず三洋電機トヨタ自動車ですが、三洋は負けても1位もしくは2位通過濃厚というコトもあって、リーグトップ通過よりもリスク回避を選んだ先発メンバーでした。でも途中レギュラーに入れ替えたらチームとしてのパフォーマンス{特にDF)が上がって、トヨタの突破が見られなくなったコトをみると、やはり強さは十分に感じられます。1点差の敗戦ですが、決勝トーナメントでは十分なパフォーマンスが見られると思います。トヨタですが、相変わらずつかみどころがない気がして、誰がペネトレイトしてどう崩すのか?みたいなものが不明瞭。何となくアイイが切れ込んで終わりみたいな印象ばかりが残るのですが。それなりに崩すんですけど、後半の三洋がメンバーチェンジしたらFWの脚が止まり気でスピード感がだいぶ減ったので。もう一回当たるわけですが、このパフォーマンスだと前半、ある程度突き放しておかないと勝てないんじゃないのかな。相手DFをもう少し崩す場面があればいいのですけどね。ただそのための方法論が今ひとつ思い浮かばない。
もう一つのサントリー東芝サントリーの完敗。この内容は非常に厳しい。試合内容として言い訳も効かないし、正直残った日付でどう修正するのかがわからないくらい。点数での惨敗ではなく、今年のサントリーの戦術を東芝はしっかりと受け止めて潰したので。ボール争奪で負けて、展開は潰されて、サントリーとしてはどうオフェンスを構築するのか?東芝のいやらしさが十分に出た反則でない球出しでの邪魔さ加減とかあるわけですが、それがきちんとできるところが東芝のすごいところ。次の再戦も同じ結果になる様な気がするな。個人的にはそういう印象です。
はてなTouchより