雨の中を泳ぐ日々

思いつくがままの気分の記録

SPEC#8

ハードだ、、、しかもどう見たってトンでもな設定のストーリーなのに、しっかりと興味深々で見てしまうドラマはそうはない。「TRICK」以上のハチャメチャさで作っているにも関わらず、当麻や瀬文の抱えているものの深さが、そのハチャメチャさとの対比で面白くしているのが、いいバランスだと思う。
今回は、堤さんのサービスが満載な回だったので、柴田についての言及や佐野元春さん(WOWOWつながり)や石田えりさんの出演だったりと逃せないシーンばかり。エンディングテーマの映像では、野々村係長の血みどろのシーンとか「どこまでハードにするんだ!」と言いたくなるカットまで挿入。しかし、本当にサブコードの設定やら含めて収まりがつく話になっているのかな?ラストの組織のシーンあたりを見ても、とてもすんなり終わるような話とは思えないのだが、、、今回は瀬文中心の回だったので、あとは当麻とニノマエの対決がどうするのかと、あのSPECホルダーはみんな殺されたのか?とかいろいろ興味の尽きない第8話でした。