読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

K-1MAXの感想

battle

やっぱり総合の石井対柴田はいらなかった。試合が思ったよりも面白い内容(ペトロシアン以外はそこそこ競った)が多かったので、TV中継でも明らかに浮いている。TBSはこれで最大瞬間視聴率でも取ったりでもしたら、同じ手法を使う会社なので、そうでないことを願いたい(決勝が数字が良ければ、それで良い)。
個人的にはザンビディスの頑張りが途中までの興味を盛り上げたと思う。準決勝でペドロシアン戦は面白かった。あのスリップ判定は微妙だったけど、個人的には取っても良かったという気がする。ダメージは確かに少なそうだったが、タイミングはバッチリだったわけだし。佐藤もいい内容だった(準決勝まで)。気持ちが入っているのが画面からも伝わってきた。それだけに決勝での疲労度の高さと動きの悪さは、トーナメントのつらさを改めて実感。
史上初の連覇になったペトロシアンはやはりリーチと的確な手数が計算できるのが大きい。ヒットの印象も大きいし、DFも出来ているので、ザンビディスのあの場面以外は、危なげのない試合運び。もっともクラウス、ザンビディスとそれなりな相手をこなしているわけだから、決して楽ではなかったと思うけど。自演乙はあのくらいやれたら十分だと思う。日本人のレベルの中では確かに上位にいるけど、決定的なもの(パワー、パンチなど)が備わっていない総合力での勝負は、相手によっては押し切られる可能性があるのが、今日のザンビディス戦で改めて認識できたと思う。今後、戦い方も含めてどう変わっていくのか注目したいところ。
石井の大晦日拒否は正直よくわからない。対戦相手変更に関しては石井にも選択権があったような感じだし。もちろん谷川Pの意向もあって、傷がまず付くことのない柴田だったとは思うが。そのことも含めて、どうへそを曲げたのか?それともプラフなのか、いずれわかると思うけど。