読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

早稲田対帝京、慶應対明治をテレビ観戦

今日はTwitterなどをすべてシャットアウトして、仕事後に自宅でテレビ観戦に備えました。

  • 早稲田対帝京

前半の帝京のFWがいい感じだったので、そのままじわじわ行くのかと思いましたが、ボールを散らされたことと帝京自体のオフェンスのプランが少しFWにこだわりすぎたせいか、結果的に早稲田の走力に負けてしまいました。早稲田は弱点をうまく展開力でカバーできたので、今日のプランは非常に良かったと思います。ブレイクダウンでの接触も少なくできたし、縦のスピードもいい勢いでした。帝京はBKもそろっているんですけどね、今日はゲーム全体のプランが悪かったなあという印象で、これが帝京の現状での実力すべてということでもないと思います。大学選手権で当たれば、また違う内容になるんだろうなと思います。

  • 慶應対明治

よっしゃー!明治、良く勝ちました。
内容には少し不満もありますが、勝つことが大事です。良かった点は後半ポイントからの展開でグラウンドを広く使って回したこと。でもポイントで個々の突破力もそれなりについていたせいか、ターンオーバーも少なく、ゲインできる場面が多かったこと。慶應はよくDFしていましたが、押し込まれる場面がいくつかあって、明治が決めきれないながらもゲーム中に「なんとかできそう」という気持ちを持たせたことがまずかったかも。今までは明治は「無理かも」というネガティブイメージを持つ場面が多かったので。マイナスポイントは、今回はFWパワーにアドバンテージが大きい慶應に、この内容でしか勝てなかったこと。おそらく帝京には勝てない気がする。帝京のFWの方が機動力が大きい。明治は今日の試合で脚は止まっていないけど、低くタックルに入られると押し込む場面がほとんど作っていないので、そこは心配。慶應のプランニングは良かったと思います。モールの崩し方も定石通りでしたし、DFも反則がほとんどないまま、きちんと前に出てつぶしていました。OFも走力を活かした場面が多く、今日の負けは今後につながる部分が多いのでは?と思います。
早慶戦は楽しみですね、今日の大学野球ほど盛り上がってくれると良いですけど。自分は秩父宮に参戦予定です。